フィクション物語

トラブルに巻き込まれた大家ユキ

フィクションで文章を書いています。


前回の続き

警察署で何の解決法も得られず、

ただ刑事さんに言われた言葉は、

『何かあったら110番してください』

何かあってからじゃあ遅いんだけど・・・

そう思いながら帰宅することに・・・


翌日の早朝(朝8時)

ピンポーン♪

自宅のチャイムが鳴る

もしや、昨日の元滞納者である田中(仮名)かしら?

ドア越しに見てみると

田中ともう一人見慣れぬ男性が立っている

田中もそうだが、もう一人の男性もとてもじゃないが、

普通の一般人には見えない服装をしている。

ドンドン!ピンポーン♪ドンドン!!

大家さんーー!!

田中です!!

盗んだ品物を返してください!!!

大家さんーーー!!!

盗んだ品物を返してください!!!!!

恐怖を感じた大家はすぐに電話を取り110番通報

10分ほどでけたたましくサイレンを鳴らしたパトカーが到着し

2名の警察官が到着した。

警官:どうされました?

大家:朝から2名の男性が大声で叫んでいるんです!!

田中:叫んでいるなんて失礼な

   ちゃんと証拠にスマホに動画を撮っていますから

   お巡りさんも是非見てください。

警官:うーーん、呼びかけているだけですね

田中:そうでしょ?

   大家さんが私の荷物を盗んだので、
  
   今日は弟分を連れて私の荷物を引き取りにきたんですよ

警官:大家さんと話し合いはしたの?

田中:話し合いも何も、訪問したら110番されるだけで、

   一向に話しも聞いてくれないんですよ

警官:(大家に向かって)あなたもキチンと話し合いをしないと解決しませんよ

田中:そうですよ、話し合いをしないのなら、

    今ここで貴方を窃盗で逮捕してもらいますよ

大家:でも・・・

警官:まあ、なにかあれば110番していただければ直ぐに来ますから、

    まずは当人同士話し合ってください。


こう言い残し、警官たちは立ち去ってしまった・・・


田中:やっとお話しができますね~

    お巡りさんも言ってたように、私は何も違法なことは事はしていませんよ

    貴方も大人ならキチンと筋の通った話しをしませんと!

大家:どうすればいいんですか?

田中:まずは泊まるところをお願いしますよ

    貴方が私の部屋の家財道具を盗んでしまったのと、

    部屋のカギ私に無断で交換しているせいで、

    私の部屋で寝ることが出来ず、

    昨日はしかたなく野宿するしかありませんでしたよ

    貴方は野宿したことあります?

    みじめでつらいですよ~野宿は

大家:スミマセン・・・

田中:とりあえず私の部屋のカギをください。

    以前と同じように住み続けたいんですよ

大家:それは・・・・

『※=心の声』

※え?この人を又私のアパートに住まわせるの???

大家:少し考えさせてください。

田中:考える?じゅあ、私にまた野宿しろと言うのですか?

大家:・・・・

田中:大家さん、あなたは人をなんだと思っているのですか?

    貴方も一緒に公園で野宿したら考え方も変わるんじゃないですか?

    分かりました。

    貴方にも私の辛さを感じてください。

    それから考えてはどうですか?

大家:・・・・どうしたらいいんですか?

田中:今日の夜8時に迎えに来ますから一緒に野宿しましょう

大家:そんなこと出来ません!

田中:はあ?そんなことって言いました?

    私は現にきのう貴方のせいで野宿しているんですよ?

    それを貴方は、そんなことと罵りましたね?

大家:いえ、そんなつもりでは・・・・

田中:では、どんなつもりで罵ったのですか?

    私がみじめだから公園で野宿するのがお似合いとでも言いたいのですか?

大家:とにかく弁護士さんに相談しますので、今日のところはお引き取りください。

田中:帰る家を奪われているんだから、引き取り様がないんですけど?

大家:では、とりあえずホテルにでも宿泊してください

田中:その宿泊費は誰が払うんですか?

大家:それは私が支払いますので!

田中:そうですか、それではお言葉に甘えさせていただきますね

    なにせ野宿はつらいですからね

    あっ、この会話は録音させていただいてますのでご了承ください。

    もちろん大家さんも録音していただいて構いませんからね

    お互い後で言った言わないとなると気分が悪いですからね(ニヤ(`∀´)


どうしよう・・・

とりあえず保証会社さんに電話してみよう


大家:1年ほど前に追い出してもらった田中と言う方が、

    いきなり家に来て、家財道具を返せと騒ぎ立てたんです。

保証:え!そうなんですか!

大家:私怖くて怖くて・・・

保証:分かりました。今後何か言ってきたら当社まで連絡するように言ってください。

    当社からも田中様に連絡入れてみます。

大家:よろしくお願いいたします。


程なくして保証会社から電話が・・・


保証:田中様とお話しさせていただきました。

    結論から申し上げて、当社では今後のサポートは致しかねます。

大家:え!?どういうことですか!!

保証:田中様は留守の間は逮捕されていたという事実が判明しました。

    そのため、保証契約第00条0項に基づき契約は解除となり、

    弊社といたしましては免責事項となり、

    契約外のトラブルとして対処いたしかねます。

大家:そんな・・・・

保証:大変申し訳ございませんが、失礼させていただきます。


保証会社を頼りにしていた大家ユキにとっては予想外の返答で、

どうしていいか分からず藁をもすがる思いで

客付けした仲介業者に相談することに


さっそく、店長さんの肩書きがある中年の男性が応対され、

仲介:そうですか~、それは大変ですね

    そういう事なら良い弁護士さん紹介しますよ

大家:どういう弁護士さんなんですか?

仲介:なかなかのやり手ですね

大家:費用などはどうなんでしょ?

仲介:まあまあなんじゃないですか?

※なんか曖昧な返事ばかりだな・・・

大家:今までどんな事件を扱っているんですか?

仲介:何でも大丈夫と言ってましたよ

大家:ドコに事務所があるんですか?

仲介:えーーと、ちょっと待ってくださいね

    今パンフレットを持ってきますから

※え?今まで仕事を依頼したこと無いの???

仲介:コチラの弁護士事務所ですね

    凄く立派な事務所でしょ?

大家:先生とお話ししたことあるんですか?

仲介:私はないんですけど、会社ではありますよ

※話したこともないのに”良い”とかどうして分かるんだろ??

仲介:こちらか先生に連絡入れておきますから

    直ぐにでも相談に行かれたほうがいいですよ

大家:わかりました。お願いします。


一刻も早くトラブルから抜け出したい大家ユキは、

仲介業者の紹介する弁護士事務所へ相談に向かった


弁護士:あ~、これは悪質ですね

     相手はプロの強請り屋です。

     貴方一人ではとても立ち向かえる相手ではありませんね

大 家:どうしたらいいんでしょう?

弁護士:私にご依頼いただければ、今後の相手との交渉はコチラで対処します。

     もしそれでも言ってくるようなら接見中止命令などの措置命令を裁判で取ります。

大 家:助かります・・・・

     それで費用のほうは・・・

弁護士:大変特殊な案件になりますので、

     着手金60万円と弁護費用として相手が請求してきた金額の10%

     もし、減額に成功したら成功報酬として減額された金額の10%をお願いします。

大 家:はい分かりました・・・

※少し高い気もするけど、相場なんてわからないし・・・


弁護士に対応を依頼した大家ユキ

これで全て解決してくれるのだろうか?

さあどうなる?大家ユキ!

つづく




★岡山セミナーのお知らせ(11月28日)★

セミナー申し込みはコチラ

懇親会申し込みはコチラ


★必殺キャンプ募集(12月12日)★

詳細はコチラ



↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実話なら

実話ならチビりますね(汗)

これって相手がもし1億円請求してきたら・・・弁護士費用だけで1千万越えるってことでしょうか!?

もしそうなら、弁護士さんが一番恐ろしい( ̄▽ ̄;)

No title

冗談抜きに。
マジ、ありえることです。

ゴネ得・・・ 

ゴネ得・・・ なのでしょうね。

似た状況で、
入居者の母親が、全部尻拭いをしてくれた事が有りました。

今思えば、ほんの、紙一重の違いでした。

経験あります。

ここまでのプロではありませんが、
保証会社が片づけをしてブランド現金なくなったから精神的苦痛も併せて弁償しろと言われて、お宅と保証会社訴えるからな
と言われチンピラ特有の口だけか?と思っていたら裁判所から訴えが届いてその請求額を見てびっくらこきました。
また切手の金額も驚きました。

自分では対応できないため弁護士に依頼をし、今争い中です。

もしこの必殺さんの創作分を事前に見ていたらもっと恐ろしいことになっていたかもしれなかったです。

マジで借り主が強いため貸主側もしっかりと法的知識や手続きをできるようになっておかないとあかんですね。

ランキングから

ランキングから来ました。
クレーマーみたいに、常識が通じない人もいますから、大変ですね・・・
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR