質問コーナー『強制退去断行について 』

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:こば
日付:
件名:教えていただきたいのですが、強制退去断行について
ホスト:
--------------------------------
はじめまして、ブログ拝見させていただきました。
参考になることばかりで、大変ありがたく見せていただきました。

大変お忙しい中、恐れ入りますが、
できましたらご教示いただきたくメールいたしました。

居住者が滞納のあげく、家財を置いたまま夜逃げしてしまいました。
(昨年10月頃より不在、ガス、電気はストップし水道メーターも昨年より動いていません)

そして先日強制退去の催告が行われました。
5月8日が断行日です。

執行人は公示送達であり、住んでないようなので、断行日に、形式上即日売却し、
廃棄するとのことでした。ただし、パソコンやら写真やらが残っているので、
断行日に執行補助者に荷物を運び出してもらい、
債務者のプライバシーにかかわるものは保管してもらう、とのことでした。(約30万かかる)

そこで質問ですが、プライバシーにかかわるものだけを持って行ってもらい、
その他のごみは後で自分で処分できないでしょうか?
即日売却ならば、所有権が債権者に移転するので、
なにも大人数で執行官のいるときに出さなくても良いと思うのですが。

平成7年には、他の夜逃げ者の荷物をその場で買い取って、
後日すべて自分で処分した経験があるのですが、
執行官にそれを言ったら「今はそういうことはやってない」と言われてしまいました。

お手すきの時でけっこうです、お教えいただければ助かります。
もちろんブログに公開していただいてもかまいません。
何卒よろしくおねがいいたします。

--------------------------------
お答えします。

強制執行についてですが、

地域によって(執行官によって?)対応がマチマチですね

私の地域(大阪)では非常に柔軟に対応してくれて

特に揉めそうな案件以外は「現地保管」をしてくれています。

※「現地保管」とは、断行日に玄関のドア鍵を交換して、
 その部屋にて1ヶ月保管する。(家財の梱包や運び出しがないから人手がいらない)

今回の質問者さんの事案ですが、

>>断行日に執行補助者に荷物を運び出してもらい、
>>債務者のプライバシーにかかわるものは保管してもらう、とのことでした。(約30万かかる)

この執行補助者(いわゆる断行屋)に仕事を依頼したのでしょうか?

裁判所としては、断行をスムーズに行なうために断行屋への依頼を強力に奨めます。

だって、断行初心者だと”素人の手際の悪さ”で、断行が一向に進まない現実があります。

表現が難しいのですが、

部屋の明渡し執行は”裁判”ではありませんので、

専門的な法的手法などは存在せず、
(判決が出た案件なので、揉め事がないと考える)

手続きのスムーズさを優先されるんです。

なので、今回の事案では断行までに執行官と打ち合わせをして、

1、即時売却が可能であるか?
  (売却だと公示が必要になるので難しいと思うのだが・・・)

2、プライバシーの荷物は、大家側の倉庫(空家)で預かりたい

3、執行屋に頼まないで対応できるか?

などを聞いてみてください。

執行官によっては、どうしても執行屋を頼まないとダメという方がいますが、

ケーススタディとして↓(現地保管がダメな場合)

(執行官の言い分)

荷物の梱包運び出しに人手がいるでしょ?

貴方に用意できるんですか??

それを短時間(1~2時間)で終わらせないといけないんですよ!

(必殺なら)

大丈夫です。

引越し屋さんにお願いします。

(執行官)

倉庫も用意しないといけませんよ

(必殺なら)

空家がありますので、そこで保管します。

※保管要件として、屋根があり鍵がかかる施設と規定があります。

断行屋=30万

引越屋=10万程度

自分で手配するならこんな感じですね、

何にしても、もう一度執行官と打ち合わせをしてみてください。


執行屋さんに頼むと全てお任せ出来ますので、

楽で簡単ですが、大家としてのスキルは向上しません。

次に同じ様な事案が出ても自分では対応できませんよね?

でも、今回このような事案に対し、

執行官と折衝したり自分で手配することで、

執行のポイントが分かって来るはずです。


それによって次回はもっとスムーズに対応でき

もし、トラブル満載の格安物件に出会った時に、

躊躇なくチャレンジできるようになりますよ!

頑張ってください!


※競売では、また違う対応が求められます。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★業務連絡★

先日募集しました5月16日開催の「必殺大家人不動産セミナーin名古屋」ですが、
もう間もなく締め切らせていただきます。

セミナー内容は、
1、必殺流物件購入術(川上物件・極秘物件の正体と入手方法)
2、物件購入時に購入前の滞納債権を譲り受ける手続き
3、滞納者を追い出さずに滞納家賃を回収する手続き
4、明渡し訴訟の実例
5、強制執行の実例
6、夜逃げ債権の回収手法
※データー集(CD)を持ってない方は是非ご参加ください。
物件を所有していなくても持っていても参考になる内容となっています。
大家さん投資家さんだけでなく、
管理会社様、不動産業者様も大歓迎です。
開催日時:平成27年5月16日(土)13:00~17:00
会  場:名古屋栄ガスビル
セミナー:5000円
懇親会 :4000円~5000円
参加資格は特にありません。
物件を所有してなくても、業者さんでもOK!!
物件購入から運営まで必殺テクニックをお教えします!
応募フォーム(名古屋開催↓)
http://ws.formzu.net/fgen/S97163100/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

幸い私は、断行まで至ったことはありません。
催告までなりましたが、断行前に入居者は退去しました。

ところで強制執行ですが、裁判所はまず、指定業者を使わなければならいようなことを言います。
それは多分、どこの裁判所でも同じだと思います。
私は当初、裁判所の指定業者しか使えないと思っていました。
しかし断行までなれば、まともにやれば、その部屋の何年分もの家賃が飛んでしまいます。
本人訴訟でも、部屋はズタズタ、ゴミの大量放置で断行まで至れば、何のために事業をしているのかわかりません。
正直言って、このような入居者は社会のクズです。

何でもまずは自分でやってみることが成長への第一歩ですよね。

ご回答ありがとうございました

必殺さま、ご回答いただき、ありがとうございました

執行官と相談いたしました。

現地保管は認めてもらえませんでした、荷物を残しておくと

「執行不能」になってしまう、とのことで、それを言われたら、あきらめざるをえず、結局断行屋に依頼しました。(現在、満室で他に保管場所がないこともあり)

ただ、執行官と話し合った感触では、やりようによっては現地保管も可能になるのではないかと思いました。たとえば、すでに人が住んでいないのだから、催告日または断行日までにこちらで目録を作っておくとか、それをその場(執行官のいる一~二時間の間)で確認してもらうとか、要するに執行官が現地保管をOK出しやすい環境を提案するということ・・・今後のためにも執行官に聞いてみようと思います。

それと、断行業者ですが、A社30万、B社26万と少し差はありました。
ちなみにA社は執行官に紹介してもらった業者、B社はネットで調べた業者で、引っ越しの場合、2トン車一台コミコミ価格で10万という業者です、それでも断行だとこの値段になってしまうようです。やはり断行は避けねばなりません。半年分の家賃が飛んでしまいました。(ちなみに2DK、36㎡で荷物は生活していたままの状態、執行補助者6名です)

必殺さんのブログで学んだ「退去届け」、これを書かせてあれば「引っ越し」で済んだのに・・・・・もっと早く知っていれば、と思いました。

それでは、名古屋セミナー楽しみにしています

プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR