詐欺師注意報

ブログ読者さんより三重県内で不動産業者が

手付金詐欺を行なっているとの連絡がありました。

手口は単純で、

宅建業を持っている不動産業者が、

売りにも出ていない物件を(所有者は売却の意思もなにもない)

勝手に売りに出し、その物件の手付金を購入希望者から預かり、

その後、その物件が売り辞めになった。

手付金は返すが、いついつまで待って欲しいと伝えてくる

しかし、約束の期日が過ぎても返金は無く

連絡しても言い訳ばかりでラチが明かない。

そこで、被害者は宅建協会に相談に行くのだが、

ココで大きな問題にぶち当たるんです!!

皆さんは、宅建協会加入の業者なら、

こういった被害にあっても1000万円までは保証されるので、

手付金を安心して預けますよね?

実は、コレは大きな間違いで、被害補償額1000万というのは、

全ての被害者に1000万づつ上限で保証ではなく

被害者が宅建協会に被害を申し立てた先着順に

最大1000万まで保証するって意味なんです。

と言う事は、

一人目の被害者が500万円の手付金

二人目の被害者が300万円の手付金

三人目の被害者が200万円の手付金

四人目の被害者が400万円の手付金

こんな事案が出た場合、

宅建協会が保証するのは、

三人目までで、
四人目以降は保証してくれないんです。


今回、相談をされた方は被害者順位で8番目との事で、

宅建協会からの保証は絶望的と思われます。

被害者がコレだけ居ると言うことは、

業者は確信犯的に手付金詐欺を行なっています。

実際、契約書に書かれた物件所有者に問い合わせをしたところ、

物件所有者は物件を売る気どころか、コノ業者名も知らないとのこと

完全な詐欺です。

こうなると金の回収は容易ではありません。

とは言っても数百万の金ですので、

私の持っている回収知識をお伝えしました。

ポイントは絶対に諦めない心と、

私は絶対に間違っていないという気合です。

回収が5年後でも10年後でも死後でもいい
必ず回収してやるという信念・・・それだけです。



どうもこの人物は三重県の宅建業者を渡り歩いていて、

まったく同じ手口で2業者が詐欺を行なっています(どちらも三重県内の業者)

二社とも、もう事実上の夜逃げ状態で

事務所には人影もないとのこと

うーーん、どういうつもりなんでしょ?

完全に詐欺ですので、100%逮捕される案件です。

逮捕上等で最後の退職金代わりなんでしょうか?

※返金意思があれば逮捕されないとでも思ってるんでしょうか?
 売る意思の無い他人の不動産で勝手に契約した段階でアウトです。

対処方としては、

手付金を払う前に宅建協会にクレームが寄せられていないか確認する

なかなか、これくらいしか対処法が無いような気がします。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「被害補償額1000万というのは、全ての被害者に1000万づつ上限で保証ではなく被害者が宅建協会に被害を申し立てた先着順に最大1000万まで保証するって意味なんです」。

それは知りませんでした。
良いことを聞きました。
なおこれは、完全に詐欺罪が成立する事案と思われます。
民事上、不法行為に基づく損害賠償請求権は、不法行為者が破産しても債務は免責となりません。
相手が死ぬまで取り立てなければなりませんね。

No title

マチ金に借りたが返せなくて893に脅されたら、ココまでやっちゃう人はいるでしょうね。

どうなんでしょう?
払われる前に、仮差し押さえるかすればいけませんか?
それに、先着順の取り立てってOKでしたか?
訴求的に、支払いを受けた人に一部返還請求できません??

大分悪質ですね。こういう業者はどんなに取り締まってもゼロにはならないんでしょうね。

No title

宅建協会や都道府県に「この業者さんはどうなんでしょう。問題ありませんか。」と問い合わせても、過去に受けた行政処分を教えてくれるだけです。
実際に被害を申し立てている方がいても、現在係争中というか処分が確定していない事案については守秘義務もあり教えてもらえません。
契約金額が大きい売買であれば、できる限り、契約書持ち回りで印鑑を押して手付金を仲介業者に預けるのではなく、売主さんと対面契約して直接支払うのが一番です。

初めてコメントします。金融機関の職員です。色々勉強になることもあり、いつも楽しく読ませていただいてます。
以前お客様から第三者契約絡みの案件を相談された時に同じような事がありました。
三重県の業者でした。

投資家の方の中にはガードの弱い方も見えますので、気を付けてください。
事前の対策として
金融機関主導で業者に連絡をとり、業者調査の上、
フルローンにしたいので手付金はゼロ又は極力少なくする、
司法書士は銀行が用意し、現所有者も別室で決済、
金額は隠しても良いので現所有者と宅建業者との売買契約の開示、
をすればかなり被害は防げるのではないかと思います。
安易に手付を払わない様気をつけてください。

BKマンさん~

貴重なアドバイスを金融の立場から~

安易に"詐欺の業者に手付金は払わない" アハハ~我が家の高齢者はすんなり払ってしまい"てんやわんや"(戻さないしね)

また"銀行の用意する司法書士"→こちらの味方?業者?ちょっと疑問符です
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR