質問コーナー『大工仕事について』

読者さんから質問が寄せられていますのでお答えしたいと思います。

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:たこ焼き
日付:
件名:築古テラスハウスを購入したのですが…
ホスト:
--------------------------------
築49年のテラスハウスのリフォームするのですが
収納のかべと階段の壁が漆喰でポロポロ剥がれかけているのですが、
安くあげるために、パテをしてペンキまたは、漆喰を自分で、塗ることも検討してるのですが、
下地に、板をはり、クロスをはった方がベストなのでしょうかご意見をよろしくお願いいたします
--------------------------------
お答え・・・できません・・・

と言うのも私は大工仕事は出来ません。

大工仕事は知識と経験が要る世界ですので、

私程度の経験では中々難しいんです。

※私のブログで大工仕事ってほとんど出てこないでしょ?

ですので、何がベストなのか?は答えにくいんです。

まあ、漆喰を自分で塗れるのであれば、

それが一番安く済むのではないでしょうか?

築49年のテラスハウスに住む方は、

収納のかべと階段の壁がクロスだろうか、漆喰だろうか、

全く気にしません。

コレが居室の壁が砂壁ならコンパネを貼ってクロスが見栄えも良いですし、

入居者さんの視点も違うと思います。



↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 築49年……昭和49年? かなり、相当古いですね。。
防音と断熱は考慮せざる得ないと思いますので、必殺さんのいうとおりコンパネと、さらに防音断熱材をかませたほうがよいかと…

参考になれば程度ですが

漆喰壁の経験はありません。
剥がれ始めた漆喰の上に漆喰を塗って押さえられるのでしょうか?
アチキんとこの築古の和室の塗り壁は、剥がしてコンパネ貼ってクロスにしてました。
畳も無くして洋室仕様にしました。
RCなので、建物の寿命がまだあるからです。
戸建てで長い入居が見込めるなら、コンパネまでやってもらい、自身での塗装が楽チン安上がり?

砂壁にコンパネ

>>壁が砂壁ならコンパネを貼ってクロスが見栄えも良いですし


砂壁にコンパネを貼るのは簡単なのでしょうか?
以前、業者に施工させたときは下地の砂壁が平らでないのでレベル調整がウンタラカンタラと随分手間取ってました。

必殺さんは、砂壁だとコンパネ施工派なのでしょうか??

私は今綿壁を濡らしてはがしてシーラーぬってクロス貼る計画です。詳しくは色んなブロガーさんで書いてますが、私はお家大好きさんの所をよく見させて頂いてます。必殺さん同様とてもありがたいです。
参考にされてみてください。

漆喰は古くてもあまりぼろぼろ落ちたりしないので繊維壁あたりじゃないでしょうか?

だとすると、シーラーで固めて塗装するのが安上がりで簡単かと。
もし本当に漆喰ならすべて剥がす必要があるので面倒です。

必殺さんの仰る通り私も階段でしたらクロス貼りにする必要もないと思いますが、もしクロスを貼るなら、真壁から大壁に変更しなくてはいけません。

今は壁は所々に柱が見えると思いますが、柱の上に板を貼って壁一面を真っ平らにする作業で多少費用がかかります。

階段は脚立が立てにくくて作業も大変なんで、やっぱり柄が長いローラーで塗装が手っ取り早いんじゃないでしょうか?

テラスハウスっと最近流行ってますよね。利回りが良いのは間違いありませんが、運用するとなるとどうなんでしょうね。

コメントいろいろありがとうございます。参考になりました。頑張ります。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR