質問コーナー『調停条項』

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:
日付:
件名:調停について
ホスト:
--------------------------------
いつもブログを楽しく拝見しております。
セミナーも楽しく聴講させて頂きましてありがとうございます。
件名の件で一つお伺いしたいのですが・・・。
必殺さんのセミナーにて、「調停条項」という書類を頂きましたが、
これはどの場面で使用すればよろしいでしょうか?
今回、初めての調停を行うので、わからないことだらけですが、ご教授頂ければ幸いです。
あと、非常にあつかましいお願いで恐縮なのですが・・・
調停→債権回収。調停→訴訟→強制退去。など、
様々なパターンの手順の「まとめ」のようなブログ記事を上げて頂けると非常に助かります。
その際のポイントなども教えて頂ければ尚幸いでございます。
あつかましいお願いでございますが、必殺さんのお時間があります時に、
是非よろしくお願いいたします。司法書士や弁護士に相談しても、
まったく見当違いの事を言われるので困っています・・・。
--------------------------------
お答えします。

まず私のセミナーでお配りしている「調停条項」ですが、

これは、入居者が家賃を滞納していて現在も住んでおり、

なんとか今までの滞納家賃の回収をしつつ+今後の家賃を滞納させない

との解決を目指した調停和解する際の雛形です。

ですので、調停に相手方が出廷し、

そしてコレからも住まわせて欲しいといった場合に、

合意案として調停委員に渡すんです。

そうすると、その雛形に沿った和解調書を作ってくれます。

この和解調書は裁判での判決と全く同じ効力を持ちますので、

相手方(入居者)が、分割金を支払わなかったり、

これからの家賃滞納が合った場合には、即強制執行を実施できます。

そんな魔法の紙が「調停条項」なんです(笑


もっと分かりやすい、

裁判のまとめ的なものは時間のある時に作ってみます。


それと、

>>司法書士や弁護士に相談しても、
>>まったく見当違いの事を言われるので困っています・・・。

とのことですが、

そうなんです。

彼ら専門家と私とでは意見が異なります。

専門家の言っているのも間違いではないのですが、

彼らは実務でなく教科書的な考え方なんです。

理屈や手段はどうあれ、

私は金を回収出来るのが成功と考えています。

それに対し、専門家は”判決”を重視し、

その”勝訴判決”までが仕事なんです。

その後の債権回収は別料金になります♪テヘって感じです。

なので、根本的に考え方が違います。

参考になれば幸いです。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

弁護士なんか所詮は他人事。ちっちゃい案件なんかヤル気無し傾向。
だから自力をつけないといけないですよね。でも、こういった裁判関係は素人では分からないことだらけで不安。だから必殺さんは救世主、神様ですよ‼︎

No title

結局は最終的に頼れるのは自分だけということですね。
そして、自分を守るものは、知識。これは間違いないですね。

No title

こんばんは。

調停調書のいいところは、判決と違い双方納得づくの上で成立した結論を明文化しているため、「確定」を待つ必要がないことです。
これが判決だと、原被告双方が送達を受けてから2週が経過しないと確定せず、債務名義にならないので。

弁護士って、ドラマ等では英雄視されてるけど、ただの事務屋ですよ。
実務では何にも役に立たない。
役人と同じカテゴリーの、
下らない人種ですよね。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR