質問コーナー「シロアリ被害について」

Message body

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:
日付:
件名:シロアリ被害に関しまして
ホスト:
--------------------------------
必殺大家人様

お世話になります。
医師をしている傍ら不動産賃貸業もしている〇〇と申します。

現在、○○県に鉄骨造築22年のアパートを所有しているのですが、
必殺大家人様の知恵をお貸し頂けたらと思い、メールさせていただきました。
今回、ある部屋の床下においてシロアリ被害が発生しました。
なんらかの原因で床下の木の板が腐り、そこへシロアリが侵入して更に問題が進行した、という様子です。
原因がはっきりしない(というより経年劣化の可能性が高い)ので、火災保険を適用することは困難でしょうか?
もし火災保険が利用できるなら利用して修繕をしたいのですが、
必殺大家人様はなにかよい方法をご存知ですか。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------
お答えします。

さすがにシロアリによる被害は火災保険では対応不能と思います。

※もしシロアリで火災保険が使えたか、対応策をご存知の読者さんがいればコメントください。

私はシロアリ被害で火災保険が使えたことはありません。

しかし、鉄骨の建物で部屋内部の木部がシロアリに食われても、

修繕費は大したことないですよね?

大工仕事1日で十分終わると思いますので、

費用的には大したことないと思われます。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。



★業務連絡★
2014年11月29日の厚木セミナーで
懇親会にキャンセルが出ましたので2名募集いたします。
セミナーご参加の方でやっぱり夜の勉強会に興味がある方がおりましたらご連絡をお待ちしております。
日中都合の悪い方、懇親会のみのご参加希望の方現地集合大歓迎です。18:00までお越しください。
セミナー懇親会両方ご参加希望の場合、テーブルのない椅子席となることご了解ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先月、出ましたシロアリー

築28年の鉄骨造でした。
先月、退去のお部屋でした。
この川っぺりの敷地に3棟S造があるのですが、当時の施工会社の技術や知識では泣けてくる感じで、
今や一階は、どこも湿気が上がり、床下に水が溜まっているところもあり、床も壁のボードもぐずぐずになります。
クロスは、カビだらけです。
空いたら、床を開け、砂やシートのその場しのぎの処理を行い、通常のリフォームに入るのですが、初のシロアリ発生!
床下に水は溜まっていなかったので、全てを剥がし、しばらく乾燥。
専門業者にシロアリ駆除も頼みます。
対策は、まずは原因究明、そして駆除しかないと思います。
構造上、ポンプの設置とかできないんです。
いい方法があれば、教えて頂きたいです。
建替は、無お願いします^_^;

シロアリさんからお手紙ついた

金かけないでシロアリ防ぐ方法はいろいろあります
床下の構造にあわせて、防水シート(強固な生地のもの)、などで床下乾燥をして、しろありの薬を定期的に散布します。
1、湿気を取るには、床下地表面の全面に防炎シート(厚みのあるしっかりしたもの)を自分で床にもぐって敷く。単価はNETですぐわかる。これで、湿気は80%減る。カビは発生がかなり減る。
2、しかし、防炎シートの防水機能で、シート直下に水分がたまるのでこれを飲みにシロアリくんが地表にでてくる。
対応として、まず粒状のシロアリ殺虫剤をそこら中にまくとともに、シロアリ用の土壌処理スプレー剤(イカリ消毒製1500円)を10坪当たり1缶ほど年に1回散布する。
3、建物の地表近辺の亀裂をふさぎ、建物そばに放置された材木などは徹底的に除去する。(シロアリを誘引するため)
4、直接的なしろあり爆発的侵犯の理由は、蟻道を確認することで判明する。シロアリ業者が教えてくれるはず。無料調査でぎどうが見えず、わけのわからないことを言っているシロアリやには頼まないほうがいい。

シロアリ業者に依頼した経歴があれば、その事後保証とかで、ある程度損害が保証がされますかね。

なを、アパートというものには、70%の確率でしろありさんが無賃床下入居してます。

また鉄骨造は、さび止めはしてありますが、1Fに湿気を
ためてあると、腐食して耐力がだめになっていることがあります。重量鉄骨なら厚みがあるので、大丈夫でしょうけど
アパートなど安物寄せ集め建築ではやばいので、床下を
見るときは、合板などは腐っていてもいいですが、基礎に連結した鉄骨を確認してください。鉄腐食が多数確認されるうようなら、<今が売り時>かも知れません。

No title

シロアリの被害にあったことはありませんが、
部屋中、虫だらけという最悪の自体が発生したことはありました。
その時は、部屋中に特殊な煙を充満させ、退治したのですが、
そんなんで、5万円とられました。

痴邦人さま

シロアリ駆除についてです。

うちのその物件、敷地内ほぼ全面に土間コン打ってあります。
緑化するものは何一つありません。
この手の場合、業者も保証はつけてくれません。
とりあえず、その部屋の床下のみの消毒になるのです…。

せめてもの救いは、ムシさん、既にお引越し済だったことです。

精査が必要

床下にコンクリ張りだと
1、コンクリを地下水が抜けている(防水コンクリでない、ただのコンクリで薄いとつきぬけあり)
2、換気口なしの床下(最近はこれ多い、結露などが累積していく)
3、どこかにコンクリの隙間がある(ひびわれ程度)
いずれにせよ、しろあり屋さんは調査無料なので、複数をご招待して原因を吐かせてください。(専門家のはずだからわかりませんはないはず)
上から見るだけなら簡単ですしね。


ところで

<今や一階は、どこも湿気が上がり、床下に水が溜まっているところもあり、床も壁のボードもぐずぐずになります。>
ならば、建物の床下がすべてコンクリ打ちにしてあるとは、建築構造的にありえないような感じだが。
床下は土間で、湿地なので地下水位が高いのじゃないのかな。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR