トイレタンク修理

築25年RCにお住まいの入居者さんより連絡があり、


トイレの水が止まらないとの連絡があり行ってきました。

現地に着き、さっそくトイレのタンクを見てみると・・・
P9300742.jpg
ボールタップがタンクとオーバーフローの筒の間に挟まれ正常に機能していません。

コレ↑25年程度経過した一部のメーカーに発生するトラブルなんです。

今までは何の問題も無く使用できていたのが、なぜ故障するのか?

原因はタンクの内側に貼られている発泡スチロールにあるんです。

この発泡スチロールが長年水に浸かっているせいで膨張(膨張というより内側に反る感じ?)して

タンク内側の容積を小さくしてしまっていたんです。

こんな時はコノ製品!↓
P9300744.jpg
SANEIのV56-5X-13です。

コノ製品はボールタップが小さいのでタンクが多少膨れても干渉しません。
P9300745.jpg
取り替えるとこんな感じ

ボールタップがまったく干渉しないでしょう?

コノ製品が出るまでは、タンク内側の発泡スチロールをカッターで切り取って、

タンクとオーバーフロー管との間を空けて凌いでいました。

参考になれば幸いです。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どちらが良いのでしょう?

同じ三栄水栓の万能ロータンクボールタップ V530-5X-13 とどちらが良いのでしょうか?

これだと、ボール自体が無い点と価格がこちらの方が安いのがメリットだと思いますが。

すげえw

どこの設備屋だよw

No title

素人にとっては、3Dで見ないと、
何が起こっているのか分かりずらい部分ですね。

その知識本当に羨ましいです。
僕も、コツコツ積み上げていこうと思います。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR