質問コーナー『プロパンガス切り替え』

Message body

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:ナベ
日付:
件名:ガス会社変更トラブル
ホスト:
--------------------------------
こんにちは
以前からブログを拝見し、東京で行われるセミナーにも何度か出席させていただいたなべともうします。

先日購入した物件のガスを巡るトラブルが発生したのでご相談させてください。

先日購入した中古のアパート、元からのガス屋から付き合いのあるガス屋に変更いたしました。


「LPガス購入中止及び供給の転換通知書」を送付し猶予期間中に変更前のガス屋の所長が来て
「よりいい条件を付けますからかえないでください~」
とのお願い攻撃

丁重にお断りしお帰り願ったのですが、
翌日、前のオーナーと交わした覚え書きに元づき「給湯器補償費と撤去費用」を請求してきました。

 総額35万円!! 


私は重要事項の説明の時にこのような話は聞いておらず、前のオーナーから説明もされていません。
当然そんな覚え書きの存在も知らない善意の第三者です。
本来であれば覚え書きを交わした前オーナーに持っていくべき話だと思うのですが。

今まで何度かガス会社を変えましたが、こんなの請求されたのは初めてです! 

ガス会社曰く「これはガス業界の常識で当然の権利として請求させていただく!」そうです。

支払期限も新しいガス会社と切り替わる1日前まで・・・
明らかに嫌がらせでしょう!

必殺先生の目から見てこれは払うべきなのでしょうか?
アドバイスなどいただければ幸いです。

よろしくお願いします。

--------------------------------
お答えします。

まず初めに、私はプロパンガスの切り替えをしたことがありません。
※深い意味はありません。もし、条件が合うのであれば、都市ガス→プロパンなどもしたいと思っています。

今回の事案ではプロパンガス→プロパンガスの会社だけの変更で、

以前工事したプロパン機材の残債35万円を新オーナーに請求してきたということですよね?

こんなモン払うわけないだろ!!でいいんじゃないでしょうか?

100歩譲っても、前オーナーが負担すべきと思います。

しかし、ガス屋さんの立場から言えば、それは売買の時に売主買主さんで話し合っておくべくでしょ?

と言われれば、そうですよね・・・確認しておくべきですよね・・・・うーーーん


まあ、私なら

『支払い義務がないと考えますので裁判でもしてください』

『裁判で私に支払い義務があるのであれば即刻支払います』

で、いいのではないでしょうか?

もし、ガス屋が

『これは裁判なんかではなく当然の権利なんです!!』

だから

『裁判なんて必要ないんですよ!!!』

なんて脅し文句を言ってきたら、

『大家業界では、ガス切り替えに際しての残債務は前所有者が負うのは当然なんですよ!!』

『その常識が分かっていないようだから司法の場で確認すればいいじゃないですか?』

こんな感じで裁判所で話しをしましょ♪ってことで終わらせます。

どうだろ?裁判所の判断は??

だれか詳しい方、教えてください。

↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

裁判したらどっちが勝つのでしょうかね
購入したアパの重説の特約にガス会社継承の事、
との内容がありましたが、法的に効力があるのかなと思っています。
まあガス屋を変えるつもりはないのですが興味があります。

No title

私はプロパンガス会社を変更をしたことがありますが、その時、新しいプロパンガス会社と契約する時に、「アパートを売却をしたときに、新しいオーナーが他のプロパンガス会社に変更をした場合は、設備の機材の残存価格を前のオーナー(私)が負担をする」
という内容の契約文がありました。

ここからは私の想像ですが、元のプロパンガス会社はナベさんが購入をしたアパートの前のオーナーに給湯器補償費と撤去費用を請求をしたが、支払おうとしないので、ナベさんに請求をしてきたと思います。

必殺さんがお話しされている通り、ナベさんはプロパンガス会社の言う事を無視して、突っぱねたらいいですよ。

一度、前のオーナーとガス会社との覚え書きをしっかりと確認すると良いです。

No title

このケースだと「そんな覚書知りません!」で突っぱねて良いかと思います。
旧所有者との覚書であって、何も知らない新所有者が引き継ぐ義務はないかと。
但し重説などに「ガス会社との覚書があり、買主は引き継ぐものとする」のような文言があった場合で、それに納得して売買契約を交わした場合は、引き継ぐべきだとは思いますが・・・。

でもこういった場合で一番多いのは、新ガス会社が違約金を負担して丸く収めるケースでしょうか。そうすると新ガス会社からのサービスがその分、目障りすることもあるかと思いますが。

No title

私の場合
3LDKの12戸で200万の請求がありました
ですがその費用は全額 変更先のプロパンガス会社
が負担してくれました

変更元のプロパン会社は地元の建設会社とタッグで
修理費も大家に請求する悪徳業者でした

ですが、変更先のプロパン会社は
親身になってくれて修理費も無料対応してくれます

変更してよかったと思います

No title

裁判に詳しい人は「こんなん絶対勝てますよ!」なんて口が裂けても言いません。
だって勝つって結果がわかってたら本人訴訟で対応しちゃうじゃないですか(笑)

というのは冗談ですが。
実際のところ契約の有無、そして契約記載事項や懈怠条項、清算条項の記載内容がわからないとなんとも言えないのではないかと思います。
前のオーナーから負債を含めたすべての権利義務を継承するという契約が見つかると、なんとも厄介かなと思いますんで(ないとは思いますが、一応)。

愚考の末、私見ではありますが一度専門家の相談を受けてみてもいいのではないかなと思います。
消費者相談センターとか、商工会議所とかで無料相談実施してるところもありますので。

No title

私も中古アパートを購入しガス会社を変更した時に、前ガス会社から請求されました。
約100万円でした。
前オーナーとこのガス会社の間で、「設備貸し出し」ではなく、「お金の貸し出し」という契約をされていたそうです。
だから設備のように減価償却されるような内容では無いと。
しかし新ガス会社の営業の方が「法律で決まっていてこれはオーナーが支払う義務はありません。ガス会社変更の通知をして1週間後に替えられるよう決まっています。設備については計算法があってそれにしたがって弊社がやりとりしますので、何も心配要りません。」と言ってくれて対応してくれました。
本当に旧ガス会社からの請求は無くなり、すんなりと変更できました。
もしオーナーが知らずに払えば得だからとりあえず請求しておこう、ということだと思います。

現役です(笑)

新しいオーナー様、重要事項等で説明されていないならば、まったく支払う理由などありません。
そもそも、前オーナーと旧業者との契約ですので両者間で解決する問題であり、契約が引き継がれていない限り、新オーナーに請求するなどとんでもないことです。
「これはガス業界の常識で当然の権利として請求させていただく!」だなんて、私の周りではありえませんし、現役として笑えます。
こんなトンチンカンな事を言ってのけるからプロパンガス業界のアホさが際立ってしまうのです。
内容証明で請求の根拠を問うてやってください!また、因縁つけられたと損害賠償請求を内容証明で送ってやってください。
アホだから、損害賠償も払うかもしれません。
(アホアホすみません・・・)

最近、部屋探しのお客さんは、プロパンガス高いから、嫌という客があきらかに増えてきました。

新築立てたよ。

うちもそうなのですが、アパートを新築する際に20年間ガス会社を
変更しない条件で、以下のものを無償提供してもらっています。

○ガス供給設備、いわゆる配管とその工事費。
○ガス給湯器
○ガスコンロ
○エアコン、もちろん電気で動くエアコンです。

本来なら、オーナーの建築費用になるはずの費用の一部を
ガス会社に肩代わりしてもらっています。これにより、建築費が
下がりオーナーの借入額が減ると同時に利回りが上がります。

ガス会社はこれらの資産を減価償却で毎年償却していますが、
償却が終わらない部分については支払を求めてくるのです。

こういう仕組みがまかり通っていますので、ガス料金は、
これらの設備の費用分が上乗せされてますので当然に
高くなります。

最近はプロパンガスを嫌う入居者も増えてきましたので
費用を支払った上で、都市ガスに変更するのがいいのではと
思います。

No title

  ↑
電気も自由化が近づいていますね。
自由化されるとされるとこうなるのかもしれません。
都市ガスではこういう行為は起きませんね。

勉強になります

何度か質問させていただきありがとうございました。
本日の記事を拝見し、気になり18年前に父が新築した集合アパートの
建築費を調べました。(総額6000万円)
人口1万人のド田舎ですが、ガスを供給業者が設備負担させようとか親子間で話をしていました。(ガス供給させる代わりに)
昔からの付き合いのある業者で、父とどのようなやり取りがあったか不明ですが、
しっかり請求されていました!給湯器1台14万円×10台(工事費別)
エアコンは@20万円(工事費別)そんな感じで、総て定価でした!

総て父任せでしたので、その後のやり取りは不明ですが今回の記事から建築工事は
やはり大家がしっかり勉強して、少しでも安い業者を選ばなければと考えさせられました。
ありがとうございます

たぶんですが・・・

物件を買った時に仲介してくれた不動産業者に相談してみるといいと思います。
重要事項説明で何の説明もなかったということですよね。
これは業者の説明不足&調査義務違反(かなぁ)による損害に
なりそうです。

仲介業者には、
「ガス会社を変更しようとしたら、現行のプロパン業者から
覚えのない請求をされました。
プロパン業者の言い分を聞いていたら、こちらに損害が
出てきます。
重説では説明のなかったことなので、プロパン会社の請求を
仲介業者さんの方で処理してもらえませんか?」
と言えば、大丈夫だと思いますよ。

もし仲介業者の対応が不適切な時は、宅建協会に
ありのままを伝えると良いと思います。

今回のようなケースでは、仲介業者が損害賠償を支払う
義務がありますので。
(まだ損害は発生していませんが、損害が発生する前に
先ずは業者、次に宅建協会に相談する方が良いでしょう)

No title

はじめまして
不動産屋です、プロパン供給業者変え4回やってます。
>前のオーナーと交わした覚え書き
覚書に法的拘束力はありません
配管やら設備の減価償却については
新旧プロパン業者間の話し合いになります。
新しい業者が費用を負担して切り替え完了となります。
なにも難しいことはありません
なべさんに請求してくるとはナメてますね、はい、嫌がらせです。
当然支払う義務はありません。
てめ~寝ぼけたこと言っているんじゃねえよこのボケ、で終わりです。
裁判?なんで?やらないでしょう普通は。

No title

残債を新ガス会社に引き取ってもらうと、新ガス会社のオファーの内容が変わってしまうのではないでしょうか。エアコンと給湯器は新しくしますがコンロは提供は無理ですね。とか、もしくは20年契約+5年追加でお願いします。ということになるだけでしょう。

No title

ガス屋さん負担でガス機器を設置・施工としたとなれば、ガス屋さんに機器の所有権が発生するかと思います。
普段はガスを利用する際に、その機器をレンタルして使っている状態になります。

その所有権に対して、善意の第三者として対抗できるか、というところにあると思います。

前のオーナーとガス屋さんとの間で話し合ってくれ、というのは無理があります。
ガス機器の所有権の説明が重要事項説明に該当するかどうかは、現オーナーと元オーナーとの間の話
ガス機器の所有権のことは現オーナーとガス会社との話で、全く別の問題になるからです。

これはガス屋さんにとっても死活問題ですので、諦めてくれない気はします。

もしガス屋さんと裁判するのであれば、ガス機器の所有権を元所有者から譲渡された、という証明が必要になると思います。
そうでなければ、善意の第三者となりえませんので。
建物譲渡の中にガス機器も含まれているはずだ、という主張であれば少し弱いかなとは思います。

話合いで解決しようとするならば、ガス機器の残存価値価格での買取あたりで決着するのではないでしょうか。

No title

設備の貸し出しという意味の文書を交わしているのだと思います。
ということは、所有権は業者にあることになるかな?
そういった件は、新供給業者が対応してくれると思いますが・・・・
プロパン業界は、価格、サービスが不透明です。
供給業者が大家の方に向いていて入居者が高い料金を負担されます。
入居者から敬遠されると、大家としては高いものに・・・・・。
もう通用しない時代になっているのでは。

今年、業者のサービスで、給湯器、コンロ、ウオシュレット40戸全交換してもらった大家です。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR