回収不能な相手

先日のブログで書いた生活保護を受給しているにも係わらず、

滞納の上、開き直って支払わない滞納者ですが、

本日3度目の調停があったのですが出廷せず調停不調に終わりました。

事実上、回収不能です。もう打つ手がないのが現実です。

これまでの経緯を簡単に書いていきます。

物件:築古(築50年超)の鉄筋5階建てマンション

契約者:60代男性(生活保護受給者) 保証人:30代息子(平成22年に新築一戸建て購入)

保証会社:契約していたが倒産

平成21年12月に入居

入居後まもなく、水漏れなどがあり土下座の強要や損害賠償として3万円要求された。

こちらが悪いので3万円は支払ったが土下座は拒否

平成22年4月分家賃より支払いストップ

督促すると歴史問題などを喚き散らす。

役所に相談するが民対民ですので、お互い話し合ってくださいと協力いただけず

保証人の息子に督促状を出すと猛烈なクレームで、

先日の水漏れの話を延々としだす。

まったく話しにならないので、訴訟で追い出そうと準備していたところ

平成22年12月に突然退去

カギはポストに入れといたから~と一方的に電話をしてきて一方的に切る。

こちらからの電話には出ない

息子が保証人なので、最後は必ず回収してやると心に決め行動開始

本人は全く話にならないので、交渉を息子とすることに

電話で息子と話し息子が滞納を支払うとの約束を交わす。

息子から3度の入金(総額7万5千円)の入金があった段階で支払いストップ

督促状を出すが一切無視

そこで、平成23年11月息子相手に訴訟を提起

法廷には息子出廷せず、代わりに滞納者の父親から訳のわからない答弁書が届く

思い出すだけでもムカつくのですが、

自分たちは何も悪くない、督促する原告は異常者だと・・・

要はすべて人のせいなんです。
自分が生活保護をもらいながら家賃を滞納したことについては悪いなんて考えは微塵もありません。

結局、自分の訳の分からない答弁書だけ出されたが、

父親も息子も出廷しなかったので、原告の勝訴判決へ・・・

ただ、現実的には勝訴判決があっても無い奴からの回収はできません。

直接攻撃を仕掛けるために息子の家に行ってみても、

もう空き家に・・・

住民票を取得しても動きはなく・・・、

ほぼ諦めていたのだが、ためしに息子に督促状を出してみたところ、

「転送不要」は返送してくるが、「転送不要」無しの督促状は返送されてこない

といことは、まだ郵送転送は続いている!!と考え、

調停申立へ←先月の話し

1回目呼び出し→だれも出廷せず

2回目呼び出し→だれも出廷せず

父親から必殺へ着信→息子は死んだんじゃあ!督促するな!!

じゃあ、お前が支払え!と言うと喚きながら切る!

必殺から何度電話しても無視

裁判所へも同様の電話があったとのこと

念のため息子の住民票を取得するが移動無し

家は競売に掛けられ他人名義になっていた。

3回目の呼び出しが今日あったのですが、

誰も出廷せず、今回の調停大作戦は失敗に終わりました。

もう次の手がありません。
支払う気の無い奴からは回収できませんorz

(日本人なら住民票が移動して追跡できるのですが、外国籍の方は住民票を移動しません・・・)

また、なにか動きがあれば書きます。


↓必ず押してね!↓

不動産投資 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、はじめてコメント致します。
競売落札者に連絡を取り、事情を話してみるのは
いかがでしょうか。
連絡先を知っている可能性もございます。
また、費用対効果で無駄な可能性は大ですが、
裁判所で150円払って落札者だけが見れる資料に
息子の手がかりがあるかもしれません。
必殺大家様は行動力やコミュニケーション能力のある方
ですから、あきらめずに頑張ってください。

残念ながら

保証会社が倒産した、連帯保証人が破産した、死亡したというケースは結構あります。
私も、そのようなケースで、保証会社の保証なし連帯保証人なしという契約を数件抱えています。
保証会社が倒産したケースで(契約当時は審査が甘く、連帯保証人を必要としませんでした)、いろいろと問題を起こす賃借人に対して、新たに保証人を立てる調停を申し立てました。
親は健在ですが、「息子とは一切関わりたくない」とのことでした。
実際、家賃を3ヶ月以上未払いでもしない限り、保証人なしになっても、契約解除は難しいみたいです。

No title

必殺様。

生活保護費は差し押さえられないということですが、
打つ手無しなのも大家家業だけが割を食うという羽目になるので
以下の様なものを活用してはどうでしょうか?


生活保護法第37条の2に規定する保護の方法の特例
http://www.kobe-fuyu.sakura.ne.jp/060421/005.pdf

これによれば、代理納付として実質の生活保護費からの
天引き(支給額が減る)という対応が出来そうに見えます。
強力な指導というのが謎ですが、少なくとも相手の
生活保護受給資格を変更・停止又は廃止出来るように見えます。



Re: No title

> 必殺様。
>
> 生活保護費は差し押さえられないということですが、
> 打つ手無しなのも大家家業だけが割を食うという羽目になるので
> 以下の様なものを活用してはどうでしょうか?
>
>
> 生活保護法第37条の2に規定する保護の方法の特例
> http://www.kobe-fuyu.sakura.ne.jp/060421/005.pdf
>
> これによれば、代理納付として実質の生活保護費からの
> 天引き(支給額が減る)という対応が出来そうに見えます。
> 強力な指導というのが謎ですが、少なくとも相手の
> 生活保護受給資格を変更・停止又は廃止出来るように見えます。

コメントありがとうございます。

この特例は知っているのですが、
特例の運用は各自治体に任されているんです。
なので、家賃を天引きして大家に払う運用が実施されている自治体もあれば
その様な運用をしていない自治体もあります。
私の地域では残念ながら運用はされていません。

Re: 残念ながら

> 保証会社が倒産した、連帯保証人が破産した、死亡したというケースは結構あります。
> 私も、そのようなケースで、保証会社の保証なし連帯保証人なしという契約を数件抱えています。
> 保証会社が倒産したケースで(契約当時は審査が甘く、連帯保証人を必要としませんでした)、いろいろと問題を起こす賃借人に対して、新たに保証人を立てる調停を申し立てました。
> 親は健在ですが、「息子とは一切関わりたくない」とのことでした。
> 実際、家賃を3ヶ月以上未払いでもしない限り、保証人なしになっても、契約解除は難しいみたいです。

コメントありがとうございます。
保証人を求める調停ですが・・・凄いですね
まさに調停の可能性を探る行動!頭が下がります。
変わった調停の成功例などございましたら、ぜひご教授くださいね!

Re: No title

> こんにちは、はじめてコメント致します。
> 競売落札者に連絡を取り、事情を話してみるのは
> いかがでしょうか。
> 連絡先を知っている可能性もございます。
> また、費用対効果で無駄な可能性は大ですが、
> 裁判所で150円払って落札者だけが見れる資料に
> 息子の手がかりがあるかもしれません。
> 必殺大家様は行動力やコミュニケーション能力のある方
> ですから、あきらめずに頑張ってください。

コメントありがとうございます。
うーーーーん、現実的には難しいと思います。
だって競売ですからね・・・
そこに旧所有者の新住所など載ったのを見たことがありません。
これが破産申立なら何らかの情報を得れるのですが・・・
私の知識では現在のところ打つ手がありません。

No title

ご返信有難うございます。

必殺様ブログに
「といことは、まだ郵送転送は続いている!!と考え、」
と書いてありましたので、裁判所の手紙は息子に届いている
可能性はあります。
普段は無視を決め込む息子も、自分の残置物を無断で処分
されるのはイヤだと感じた場合、関係人の陳述をしているかも
知れません。
裁判所は手紙の中身以外に封筒も一緒に保管しますので、
封筒には名前以外に住所も記載されていると考えました。

いつも勉強させて頂いております。
何でこんな頭のおかしい奴らが許されるのか、やりきれませんね。
結局、日本の非力で不公平な法律と公務員の非常識な慣習が全ての原因だと感じます。大家協会を作って多数意見になれば、政治家も動くと思います(選挙がありますから)。

督促状の郵送

督促状の郵送は書留か簡易書留でしょうか?

Re: No title

> ご返信有難うございます。
>
> 必殺様ブログに
> 「といことは、まだ郵送転送は続いている!!と考え、」
> と書いてありましたので、裁判所の手紙は息子に届いている
> 可能性はあります。
> 普段は無視を決め込む息子も、自分の残置物を無断で処分
> されるのはイヤだと感じた場合、関係人の陳述をしているかも
> 知れません。
> 裁判所は手紙の中身以外に封筒も一緒に保管しますので、
> 封筒には名前以外に住所も記載されていると考えました。

コメントありがとうございます。
裁判所で聞いてみました。
結論から言うと、ダメでした。
惜しかったのですが、
債権を持っているならば家が競売になったときに債権の申し出を(配当の申し出)手続きをしておけば
競売の資料も見れるとのことでした。
競落されて事件が終わっている場合はどうしようもないとのことでした。
残念です。

Re: タイトルなし

> いつも勉強させて頂いております。
> 何でこんな頭のおかしい奴らが許されるのか、やりきれませんね。
> 結局、日本の非力で不公平な法律と公務員の非常識な慣習が全ての原因だと感じます。大家協会を作って多数意見になれば、政治家も動くと思います(選挙がありますから)。

コメントありがとうございます。
大家協会いいですね~
でも、一歩間違えると大家を食い物にする業者の団体になっちゃったりして・・・

Re: 督促状の郵送

> 督促状の郵送は書留か簡易書留でしょうか?

コメントありがとうございます。
いえ、普通郵便です。
こういう方は書留系は受け取りません。
切手代の無駄になっちゃいます。

書留系の郵便を受け取り拒否してくれたら、転居1年間だけは郵便局が転居先の住所シール付けて返してくれることがあります。
今もやってくれてるのかなぁ?(--;)

Re: タイトルなし

> 書留系の郵便を受け取り拒否してくれたら、転居1年間だけは郵便局が転居先の住所シール付けて返してくれることがあります。
> 今もやってくれてるのかなぁ?(--;)

コメントありがとうございます。
昔はそれで転居先を捜し当てていたのですが、
現代は、転居先住所のシールを剥がして返送されてきます。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR