献本いただきました

献本いただきました!
P8040225.jpg
不動産投資仲間の小嶌さんが、

本を出版されました!!!

小嶌さんは0からスタートで頑張られていて、

小額資金で築古物件(テラスや戸建)を買い、

出来るだけお金をかけずにデナイザーズ風アパートに仕上げています。

興味のある方は一度読んでみてはいかがでしょうか?


ポチっと↓お願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★楽待コラム掲載しています★
必殺流「空室対策」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽待ではなくて、こちらにコメントしますね

不動産賃貸業も、当たり前ですが市場原理には逆らえません。
私がかつてSNSで不動産賃貸業での経験を書いていた時に、「なぜ客の属性を選ばないのか」「なぜ低所得者や保護受給者を入居させるのか」という質問を頂きました。
さらには「儲からないことをしている慈善事業、無知」とまでも。
不動産賃貸業は、あらゆる業種で最も供給過剰な業界です。
現在でも2割余剰で、将来的には4割を超えるなんて言われています。
さらに、対象顧客により、需給に大きな差があります。
比較的属性の高い入居者をターゲットにした物件は(例えばハウスメーカー施工のアパートや区分の投資用マンション)、最も供給過剰で競争が激しいです。
競争が激しいということは、利益率が低いし、空き室リスクが高い。
ロウアー客層は、滞納などのトラブルが多いので、多くの大家さんはこの客層を避けます。
だから需給がゆるい。
競争が激しくない、空き室リスクが低い、ロウアー層は内装や設備に対する要求が低いのでむしろ利益率は高くなる。

「なぜ入居者の属性を選ばないの、アナタって馬鹿ねほほほ」という人は、あらゆる業種で経営者にはならないほうがいいと思います(はっきりいってバカ)。
もうからないという小売業者に、「なぜ利益率の高い価格の高いものを置かないの。アナタって馬鹿ね」と言っているのと同じです。
買うのは売り手じゃなくてお客ですから。
売れてなんぼです。
経営は、マーケティングセンスと言って過言ではないです。
コトラーの「戦略的マーケティングの理論」は経営学の古典ですけれど、大家さんにもオススメです。

↑属性を選ぶなら

誰相手に商売しようが個人の意志だからいいでしょう。ただし、その相手の属性をもって「屑」だの「ダニ」だのとdisるのは関心しないねぇ。
必殺さんだって、たとえ「客」が不良生活保護者であっても、そんな事は云わないし。これ、(何でもアリの)ネット上でも常識的なルールだと思うんだ。
たとえお客の前では体裁を繕っていても、キタねえ腹の内は見え隠れするものよ。
反省しなさい。
ps 私は自営(商売そのもの)には関心ないす(笑)
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR