雨漏れ・・・

全国的に梅雨に入りましたね。。。

梅雨と言えば雨漏れ・・・

築古オーナーの宿命です。


今回はそんな全国の築古マンションオーナーに送るブログ

雨漏れは現場で起きてるんだーー!をお送りします。


舞台は築50年ほどの鉄骨4階建てマンション

4階の住民より雨漏れがしているとのことで現場に行ってきました。

さっそく室内を確認すると・・・

P6190327.jpg
ダダ漏れです・・・

まるで滝のように雨漏れしています

こんなに雨漏れしているということは、

一番の原因は屋上の排水口が詰まり、

屋上がプールになっていることが一番考えられます。

さっそく屋上に上がろうと思ったのですが、

・・・・・

・・・・・・このマンション

屋上に上がるのがメチャクチャ怖いんです。

どういうことかと言うと

P6190321.jpg
これが外観です。

屋上に上がるには
P6190329.jpg
4階の手すりを乗り越えて上がるしかないんです・・・

天気の日ならまだしも雨で濡れている手すりを乗り越えて

屋上に上がるハシゴ?で上に上がります。

正直怖いです。

P6190331.jpg
念のため命綱(安全帯)を腰に巻き

気合と根性で行きました。

屋上に上がってみると衝撃の光景が・・・

P6190325.jpg
判ります?

防水シートが剥がれているんです。

これでは滝のように室内に入って当たり前です。

P6190322.jpg
うーーーん

どうしようもありません。

とりあえず入居者さんには台所で寝ていただき

雨が上がり次第、防水工事をすることにしました。


コレどうなんでしょ?

もしかしたら風災で保険対応できるかも?

なんてことを考えてる必殺でした。


ポチっと↓お願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

☆楽待コラム掲載しています☆
アパート全焼(前編)
アパート全焼(中編)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シート防水の業者の保証期間は大体10年でしょう。
それを超える場合は、経年劣化で保険でも免責になるのでは。
前回の防水工事を終えて、10年を過ぎていなければ、防水業者は大概10年の保証をつけていますので、工事業者に補償させることができます。
それと雨漏りの場合は、保険では難しいと聞きます。
交渉の仕方があるのでしょうかね。

個人的な意見ですが、私はRCの陸屋根は日本の気候に向いているとは思っていません。
RCで所有しているのは区分だけです。
案外水仕舞が悪いし、定期的なメンテナイスが必要でランニングコストがかかります。
最近、我が町内(西宮市)でRC140平米、土地70坪の古年一戸建てが売り媒介に出されました。
むちゃくちゃ安くて、購入を検討したけれど、シート防水が完全に剥がれていてザザ漏れ状態でした。
天井裏のスラブの鉄筋は爆裂していて、躯体そのものまでやり変えなければならないので購入は止めました。

↑訂正

RCではなくて、鉄骨重量パネルでしたね。
基本的には、水仕舞は同じだと思います。

あの防水シートの剥がれ具合いいかんじですね。絶対、風災です~タイミングもピッタリですね。

うちの近所にも防水シートが風でヒラヒラしてる物件ありますわ、そういえば。屋上から豪快に垂れ下がってる日もある。中を想像したくない…

No title

新築時にはアスファルト防水で、以降の防水工事はそのうえにかぶせる形でシート防水します。
新築時のアスファルト防水がまだ効いていれば、防水シートが完全に剥がれていてもザザ漏れにはなりませんが。
屋上のスラブの防水は、コストが若干上がっても、ウレタンの方が信頼性が高いと思います。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR