警察へ相談

前回のブログの続きです。


入居者のマンションドアに某広域暴力団のマークが貼っているいるため、

P6040308.jpg
写真や賃貸借契約書を持参し、

管轄の警察署へ相談へ行ってきました。


暴力団担当の刑事さんが応対したのですが、

写真を見るなり、

刑事:だいたい本物のヤクザは自分の家にこんなマークは付けへんよ

刑事:たぶんヤクザが好きなマニアやね、いわゆるエセやくざ

必殺:では、この入居者は暴力団員ではないんですか?

刑事:それは教えられへんのよ

必殺:えっ?だって、暴力団排除を推奨していますよね?

   もし、暴力団員だったら追い出したいんです。

※警察に相談にきた一番の理由は暴力団員かどうかを聞くためだったんです。
 だって、暴力団員だったらそれを理由に明渡し訴訟が打てます。

刑事:うーーーん、個人情報があってね・・・

必殺:では、我々はどうやって暴力団を排除すればいいんですか?

刑事:記録には残しておくので、なにかあれば110番してください。

必殺:・・・・・、

結局、何の解決策にもなりませんでした・・・トホホ・・・


今日現在、相手方からクレームの電話がありません。

おそらく知らん振りを決め込むつもりでしょうが、

7月1日には

バリケードを置いてやるつもりです。  
そこからが本当の決戦になると思います・・・


ポチっと↓お願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

不動産業者用の反社会チェックのシステムがあったような気がします。
ただ該当者無しみたいな表現らしいです。。(まだ使ったことがないのでよくわかりませんが)

しかしどう考えても該当しそうにないキャラですね。。w

今後の展開が楽しみですww

暴対法は机上の空論

賃貸借契約書で「賃借人が暴力団員と判明したときは、契約を解除できる」という賃貸借契約書の定型文があります。
でも、それって机上の空論です。
当該入居者が暴力団員かどうかは、警察は「個人情報」云々で教えてくれませんから。
私も経験があります。

ヤクザマニア?エセヤクザ?
そんな人いるのですね。
でも暴○○は怖い。気をつけてください。
警察って本当に‘何かないと’何もしてくれないのですね。

らしくない

必殺さんらしくない終わり方でしたね。
何か上手い言い方で、白黒つかないまでも、白い灰色か黒い灰色かくらい聞き出す一言があったんじゃないですか?
って、なーんもアイデアないんですけど。

試しに、○○の部屋で大声出してるんです、喧嘩になってけが人が出るかも知れません! とか、電話してみたらどうなんでしょ。

普通の人の喧嘩と、そうじゃない人の喧嘩では、起きそうな事件も違うわけで、ケーサツの方もそれに応じた対応してくれるんでは?
(もちろん、署員の方がダッシュしてきてくださったら、納まったようです、スイマセンと丁重に断るとか、あのマークがあったんで慌てちまいました、とかの作戦も考えておかないと)

PS:
小心者の私にはそんなコトできません…

No title

本物とエセの違い・・・


うーーんびみょうですね

これからは、警察にコネを作っておくのも、時代かもしれませんね・・・

No title

決戦は、あした金曜日ですな。
http://blog-imgs-35.fc2.com/n/e/n/nena99/20110613213134.jpg

No title

いやぁー!!
大変です。
こういうのは・・・。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR