警察の事情聴取

私の事務所に2人の刑事さんが来られ

以前住んでいた方を調べているとのことでした。

事件の詳細などは秘密事項とのことで教えてはくれなかったのですが、

車上荒しに使われている車が元住民の名義らしく

所有者の行方を追っているとのことで

当時の契約書などのコピーを持って帰られました。



そこでフト思い出したネタが、

『捜査関係事項照会書』です。

刑事さんが直接訪問していた場合は、持ってくることは少ないのですが、

遠方の警察署なんかだと電話と郵送でやり取りをしますので、

身元確認の意味も込めて『捜査関係事項照会書』の提示を求めています。

『捜査関係事項照会書』は以前このブログでも紹介したことがあるのですが、

今回登場する方は、
P2160161.jpg

大阪府警・奈良県警・広島県警の3つの警察署から照会書が届いています。

一人の入居者に対し3箇所の警察署からの照会は初めてです。

この方はもう退去済みなので知ったことではないのですが、

いったい何をしたのでしょう?

ちなみに3件の照会書の記録を打ち立てた人物はこのブログに出てくる5件目の方です。


(お知らせ)

必殺のセミナーが開催されます。

「必殺さんセミナー~祝!必殺さん1位記念今度はわてが主役やで~IN東京の陣」

平成25年3月9日
会場:東京セミナ-学院(いつもの池袋会場です)
   東京都豊島区西池袋5丁目4−6 東京三協信用金庫ビル 1F
   TEL 03-3982-0191

参加費:3000円

懇親会(開催場所未定) 費用5000円程度予定

定員100名となっていますので是非お早めにご応募ください。

→→→お申し込みはこちらです←←←

ポチっと↓お願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

私も賃貸住宅の管理をしております。

当方でも、警察からの情報照会は月イチくらいでありますね。
捜査員が突然、飛び込み、かつ手ぶらでくることも有るので、状況次第でお引き取りをいただくこともあります。
「警察官」と名乗ったところで、本当かどうだかわからないことも有りますしね。
バッジだって、偽物かもしれない。
また、本物の警察官だとしても、正規の捜査かどうかもわかりませんから、対応は慎重になります。

捜査内容は教えてもらえませんが、なんとなく盗難車、車上荒らし、当て逃げ、無断駐車のあたりのキーワードが多いように思われます。

あと、京都もしくは京都に近い物件では、外国人の短期定借などについても問い合わせがあったりしました。
やはりテロとかを想定してのことでしょうね。

県税が情報照会してきたこともありました。
内容は忘れたけれど、当方ではレアなケースでしたね。。。
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR