fc2ブログ

LIXIL DT-4840

5年ほど前ですが、

築古マンションを購入しました。

そのマンションは20戸中5戸ほどしか入居していなく、

空室の部屋は全取替えレベルで改装したんです。

で、その際に採用したのがLIXIL製の様式便器 DT-4840なんです。


この便器

設計不良じゃない???


というのも、

設置5年程度で便器内への漏水が3件あり、

全て同じ現象・・・
DSCN4650.jpg
まだまだ新しいでしょ?

DSCN4651.jpg
便器内に水がチョロチョロと漏れています。

DSCN4656.jpg
このDT-4840はタンク内がユニット化されており、

今までの様なボールタップやゴムフローとがありません。

そのため専用部品が必要となり、

我々大家では修理が難しいと思われます。


と言うことでLIXILへ修理依頼をすることに
DSCN4665.jpg

その日のうちに訪問していただき、

総費用1万2650円也


うーーーーん

メーカーは認めないんだろうけど、

設置5年程度で3件も同じ不具合が出るって異常だと思うんだけど・・・


気のせいか?


もし、型番検索に引っかかってブログに来た方がいらっしゃればメッセージ残してくださいね!



↓ブログランキング↓励みになりますので押してくださいね!

不動産投資 ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
いつも愛読、参考にさせていただいております。
実はうちの貸家もちょうど5年前にリフォーム用トイレGDT-Z180HUを設置したのですが先月同じ現象で呼び出され、フラッパー弁交換にて対応しました。古くないのにおかしいと思うのと同時に一般的なフロート弁でないためホームセンターでも買えず、少々イラッとした事案でした。

No title

お疲れ様です。
最近のトイレのタンクは、昔の市販ゴム製フロートやボールタップの
修理で済まなくなり、メンドクサイ構造となりましたね。

メンテナンスで儲けようとしている魂胆みえみえです 笑
大家にとっては大迷惑ですね、、

調べた所、DT-4840は16年に廃盤扱いとなってはいます。
現在でも補修部品はメーカー在庫であるはずですが、実は修理って簡単ですよ〜。

ロータンクの蓋を開けると、最初に目に付くのがプラ製の内蓋があります。

爪で引っかかっているだけですので、それを最初は丁寧に取り外して中を覗くと・・

昔からの構造とそっくりです 笑

今はフロート弁 を フラッパー弁と呼び、今のは先が尖っています。
交換は今まで同様に全然余裕で簡単です。

次にボールタップも余裕で交換okです。

廃盤のため、展開図と部品品番がHPに載っていませんでしたが
メーカーに直接伝えるとFAXしてくれたりします。

部品番号さえわかればコッチのもんです 笑
通販では買えなかったりしますので、知り合いの業者さんや水道屋さんに
頼むと、代替品(品番がコロコロ変わるけど問題無く使えたりします)も教えてくれると思われます。

だいたい、自宅の別品番inaxも同じくですが、現在7年目でチョロチョロ水が
漏れる事が増えまして、部品交換する前に内部を確認したところ、タンク下に水垢やゴミが付着してたりしましたので、ブラシで綺麗に掃除したところ漏れは無くなりましたので部品交換していませんけれど、素人交換も全然怖くない構造なのでいつでも来いって感じです 笑

一度中を開けてみてください。 なんだ〜簡単じゃんって感じです。

※手洗い付きの場合、必ず元栓閉めましょうね〜 
気をつけてても意外と水を飛ばしちゃいます。。

No title

LIXILは凄い技術力ですね、ソニータイマー仕掛けるなんて!

Re: No title

まさにソニータイマーですよね!

Re: No title

ありがとうございます。

次はチャレンジしてみようと思うのですが、

全体から見た故障率を考えると、

技術をマスターするほどでもないような・・・

Re: No title

そうなんですよ!!!

10年も経過していれば納得もしますが5年程度で不具合を出すなんてオカシイですよね!

しかも部品は一般的でなく専用部品だし!!怒
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

18棟約630戸所有

借金総額14億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR