fc2ブログ

住民票請求を拒否される

先日、別件で市役所に行く用事があったので、

ついでに原状回復費を未払いのままにしている退去者の住民票を請求してみました。


申請用紙を窓口に提出し、

待つこと30分

市役所職員が持ってきた用紙がコレ↓
DSCN4459.jpg
元入居者はDV(ドメスティック・バイオレンス)被害者なので住民票の開示は出来ないとのことでした。


え?

私はDV関係者でもなんでもないよね?

なんでDVに関係ない人間の財産権まで侵害されるの???


ということで市役所担当者に詰め寄ってみました。


(職員)

大家さんの住民票請求理由が裁判を行うためとのことですが、

そうなると裁判で現住所が保証人に判ってしまう可能性があります。


(私)

保証人がDVの犯人なのですか?(もちろん私は知っている)


(職員)

それはお答え出来ません


(私)

お答えできない・・・

では質問を変えます。

債務者の現住所が判らなくて、どうやって裁判を行うのですか?

それって私の財産権の侵害にあたりませんか?


(職員)

それは・・・裁判所と相談してください。


(私)

いやいや

ココは行政の窓口ですよね?

司法とは別ですよね??

そもそも裁判になったら保証人に現住所がバレてしまうなんて

なんでそんな飛躍した発想になるんです?

そんなこと言ったら、

この市役所の空にも飛行機は飛んでいますよね?

それって飛行機が墜落したら危ないと思いません?

そうすると市役所に居る人全てに防空頭巾を配りましょうよ!

危ないですよ!危ない!!!!

ってオカシイと思いません?

そんなこと言い出したらキリありませんよね?

それでも住民票の開示を拒むのですか?


(職員)

申し訳ございません・・・・


(私)

では、裁判を辞めます!

私自身で集金に乗り込みます!

請求理由を変更すれば住民票を断る理由はないですよね?ニコ♪


(職員)

それは・・・

元入居者の方に連絡して協議します。


(私)

協議??

あれ?断る理由がなくなるのに、私の財産権を侵害するつもりですか???

それってオカシクないですか??


(職員)

即答は致しかねます・・・・


(私)

まあ、では今回は引き下がります。


こんな感じのやり取りがありました。


元入居者とは紆余曲折はあったのですが、

一応支払う約束が取れていますので、

そんなにあせってはいないんです。


市役所に行ったついでに取得を考えただけなんですが、

まさか拒否されるとは・・・・

まあ色々ありますね~



↓ブログランキング↓励みになりますので押してくださいね!

不動産投資 ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私も大家さんと同意見を持っていて、
大家さんと同じやりとりをそこの市役所の職員としていました。
正直、最近そののやりとりをすることが面倒くさく感じるようになりました。

大家さんならご存じかと思いますが、
調停や訴訟を起こすことを前提で、送達が出来ないと裁判所書記官に告げると、
裁判所書記官の印を押した「事務連絡」が貰えます。
そこに、〇〇〇〇の住民票が訴訟のために必要と書いて貰えます。(場合によっては戸籍謄本、抄本と書いてもらえる)
後はそれ持って、市役所にGOです。

No title

DV被害者がそういう手段で住民票を追われてDVされるのはかわいそうだとは
思うんですけど、普通の債権者にとってはあまり関係ありませんからねぇ。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

18棟約630戸所有

借金総額14億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR