強欲大家シリーズ『準備書面4を提出』

前回、大家側は弁護士を立てて徹底抗戦の答弁書を提出してきました。

前回までのブログはコチラ

その答弁書に対し、原告側(借主側)として準備書面(4通目)を作成しました。

1、被告(大家側)が提出してきた賃貸借契約書について

被告は新たな証拠として乙8号証を提出しているのだが、
原告が証拠として裁判所に提出している契約書(甲1号証)とは明らかに違うものである。
大まかな点で、契約内容の部分が原告が所有している甲1号証ではワープロ印字なのに対して、
被告提出の乙8号証では重要な契約条件などの部分は全て手書きになっている。
この契約書は二通とも被告が作成したものであるが、
なぜそれぞれ違う書体の契約書を作成するのか理解に苦しむ、
穿った見方をすれば、原告側には契約内容をワープロ印字をした契約書を交付し、
被告側には被告の都合の良い様に加筆できるように契約内容の部分を空欄にした契約書を作成したとも推認できる。
この様なことから被告提出の契約書には契約内容の信憑性に疑いが持たれる。


2、被告の礼金契約の主張について

被告は、申し込み段階での条件が礼金であると主張しているが、
そもそも原告は礼金契約では契約はしていなかった。
確かに契約前の申し込み段階では、礼金28万円だったのかもしれないが、
礼金契約は申し込みの段階での話しであり、契約には至っていない。
その証拠として、被告が提出している乙第10号証の重要事項説明書の日付は平成25年5月18日付けであり、
原告が所持している重要事項説明書(被告が提出した乙第4号証)の日付は平成25年6月15日である。
一般的に契約書類は、日付が新しいものが有効とされるべきであるので、乙第4号証が真の契約書類である。
そこには、敷金33万円と記載されており、現に原告は被告に対し33万円を支払っている。


3、解約引きについて

被告は、原告が敷引きについて了承していたと主張しているが、
甲1号証の定期建物賃貸借契約書及び乙4号証の重要事項説明書を確認してみても「敷引き」との記載は無く、
すべて「解約引き」と記載されている。
よって、原告と被告の間に敷引き特約の合意は無かったのは明らかである。
また、被告が主張している最高裁判例は「敷引き」について議論されたものであり、
本契約の「解約引き」とはまったく性質の違うものである。


4、敷引きの説明について

被告代理人が仲介業者の責任者(〇〇氏)に敷金についての聞き取りを行ったと主張するが、
原告に対して接客応対したのは同社の××氏であり、
××氏からは、返金されないなどの話しは聞いていないし説明もなかった。
原告と〇〇氏との面識は仲介業者店舗で挨拶を交わした程度で、
契約内容について説明など一切受けていない。
それなのにどうして説明内容など詳しい話しが分かるのか理解に苦しむ。
※××氏は退職済み

おまけとして証拠書類を1点追加しました。
それは、国語辞典のコピーで
【敷金】
家・部屋を借りる人が持主に預けておく保証金

※知ってるがな!(怒
↑そんな声が聞きたくて・・・

まだ少し文章が続くのですが、
個人特定を避けるため公開は控えます。

素人丸出しの稚拙な文章なのですが、
それはそれで良いんじゃないかと思います。
素人が妙に法律用語を使うと何か背伸びをしている感が満載で
なんと言うか、チグハグな文章に見えちゃうんです。


次の口頭弁論は1月下旬に予定されており、
おそらく次回で結審すると思われます。

さあ、どっちに軍配があがるんだろ??

微妙な気もしますが、

1、100%勝訴だと33万円から破損分約2万円引いて=31万返し
2、50%勝訴だと敷引きは認められて返金分5万円から破損分2万円引いて=3万返し
3、0%(原告敗訴)だと被告が主張している原告が23万円支払い

3は無いと思うんですよね~(確率5%)
1だと大家側は控訴するだろな~(確率60%)
2だとお互い微妙~(確率35%)
こんな予想で見ています。

それとも
まだまだ続くのか???


※ココで再度書いておきます。
私(必殺大家人)は基本的に大家側の味方です。
しかし、ボッタクリをする大家の味方をするつもりはありません。
そのため、今回は友人(借主)の味方をしています。
批判する方もいますが、その前に全てのブログを確認してから批判してください。
カテゴリ『強欲大家』で全て読めます。


////////////////////////////////
★今後の旅行開催予定★

平成29年2月11日(土)〜12日(日)※満席になりました!
静岡県浜名湖のホテルに集まって呑もうぜ!っていう企画
※読者さんがホテル近くで購入した鬼差物件を見学させていただけるとのこと
費用は、宿泊・夕食朝食・部屋でのお酒・ツマミ・全て含んで11000円を予定

平成29年3月19日(日)〜20日(月祝)※日程確定済(予約済み)
岐阜県恵那峡温泉のホテルに集まって呑もうぜ!っていう企画
費用は、宿泊・夕食朝食・部屋でのお酒・ツマミ・全て含んで12000円を予定

平成29年5月13日(土)〜14日(日)※日程確定済(予約済み)
熱海温泉のホテルに集まって呑もうぜ!っていう企画
※当日は花火大会開催の予定
費用は、宿泊・夕食朝食・部屋でのお酒・ツマミ・全て含んで12000円を予定

※すべて交通費・観光費は各自負担

こんな感じで計画しています。
ぜひ、ご参加くださいね!

※募集は順次ブログで公開します
////////////////////////////////

↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。いつも楽しく見させて頂いております。私は借主の立場でブログを書いていますが、こうした大家には困りものですね。まあ、結論から言えば、お友達が勝訴すると思われます。お友達が入居時の原始契約時の37条書面に、敷引きに関する特約が明確に記載されているかがポイントになりますが、宅建業者には35条、37条書面を交付する義務がある事から、大家側の手書きの追加条項部分は認められないでしょう。もし、お友達が負けるとすれば、地区により敷引き制度が慣習としてある場合は、判例でも有効としているようです。ただし、この場合でも、契約書に不備があるので、とても大家の主張がすべて認められる事はないです。

No title

何を持って強欲とするかは人によるからな~
敷金を取ると言うだけで強欲と感じる人もいるみたいだし。

No title

食べログとかAmazonレビューとかヤフオク評価みたいに
入居者や退去者が評価するものがあるとどうなるんでしょうね?

それを見てヤバい大家だからやめとこう…とか
ココは良心的だから良いかも!とかで判断材料に。

でも悪い評価つけられるの怖いし、難しいな…。

No title

強欲大家シリーズ人気です。ランキングが一気に2位浮上。

No title

ちょっと気になりました。
契約書とは双方の署名、捺印(日付も必要)が記載されて成立しますよね。
そうすると被告の乙8号証の契約書には原告の借り主の署名、捺印は有るのでしょうか?

Re: No title

> ちょっと気になりました。
> 契約書とは双方の署名、捺印(日付も必要)が記載されて成立しますよね。
> そうすると被告の乙8号証の契約書には原告の借り主の署名、捺印は有るのでしょうか?

乙8号証の契約書には借主の署名・捺印があります。
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR