FC2ブログ

お湯が出ない!!

なぜか、ここのところ”お湯が出ない”というクレームを受けます。


そんな時は、まず現地を確認するのですが、

本当に機器(給湯器)が故障しているのか?

それとも他に要因があるのか?を探ります。


その際のチェックポイントを書きたいと思います。


1、給湯器の年式を確認する

  目安なのですが、10年経過しているなら給湯器本体の故障の可能性が高いです。


2、コンセントを入れ替えてみる

  意外と多いのがコンセントの接触不良です。

  と言うのも、給湯器のコンセントは外に付いていますので、

  ホコリなどの延慶で接触不良などになりやすいです。

  そんな時は投光器などを差し込んで通電を確認するのもいいでしょう

  ※ちなみに機種にもよりますが、通電しないと水が出ないタイプもあります


3、他のガス器具を点火してみる

  実際にあったのですがガス料金を未納していて供給停止していた。


4、ガスメーターを確認する

  最近のガスメーターは全て”マイコンメーター”です。

  地震(メーターに物が当たっても同じ)や長時間のガス使用でガス漏れと誤認し

  ガスメーターが自動停止します。

  ガスメーターを見て赤いランプがチカチカと点灯していたら、

  停止中ですので、リセットボタンを押して復旧させます。


5、給湯器本体のフィルターを見てみる

  これは、設置後直ぐにお湯が出ない場合に多いです。

  パイプの接着剤やシールテープのカスがフィルターに詰まっているなどです。


で、

今回あった2件の事案は

〇給湯器のコンセントを抜き差しで復旧(接触不良?だった)

〇ガス料金未納(全てのガス器具が使用できなかったのでガス会社に電話で確認)

以上でした。


そんなもんです。




↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もよく「お湯が出ない」と連絡してくる方がいまして。
現地へ行く途中、「直ったみたいだ」と。3回もありました。
防犯カメラをつけたところ、隣の爺さんが元栓を閉めたり開けたりしていた様子。防犯カメラとステッカーをつけたらピタッと連絡が来なくなりました… ふうぅむ

No title

この時期におおい苦情ですよね;;;
ですので、必殺さんのアドバイスはためになります
私は過去に2回ありました
コンセントの抜き差しをして、お湯が出るまで出しっぱなし(寒いのでお湯が沸きにくかった?)
あとは、お湯のハンドルが固くて回らず、スピンドル交換で対応しました(劣化していました)

No title

初めてコメントさせて頂きます。
いつも先生の貴重な実体験を参考にさせて頂いております。

私も冬場の給湯器トラブルは、
①給湯器のコンセントを抜く
②40秒~120秒待つ
③コンセントを入れ、動かしてみる

上記でダメなら、
④給湯器に溜まった水(お湯)?を抜く
⑤④の後、①を再度試みる
⑥作動しなければ業者手配

以上の手順で対応しておりました。

給湯器の修理業者さんから、
「電気が常に基盤内で滞留していると、異常と検知して誤作動をすることがある」
と教えて頂いた事があるからです。

意外と復旧してからは長持ちするケースが多いんですよね(笑)

もちろん、製造から15年程度経過しているものについては、
後日交換を該当物件のオーナーさんに提案していましたが…。

しかし給湯器って、
なぜ故障して欲しくない時期に限って故障するんでしょうね…。

No title

私のアパートの入居者さんで統合失調症で生活保護を受けている方がいます。
その方は、新しい入居者さんがあると、必ず給湯器のコンセントを抜いて嫌がらせをします。
最初のころは対応に慌てましたが、今では「またか」という感じです。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR