強欲大家から意味不明な書類届く

9月12日に裁判が開かれる敷金返還請求裁判ですが、

少し進展がありました。

※今までの流れはカテゴリの強欲大家を読んでください。

まず、

裁判所から連絡があり、

なぜか少額訴訟から通常訴訟に移行したとのこと

え?なんで??

裁判所に「被告が希望したのですか?」と聞いたのですが、

被告が希望したのではなく、裁判官の判断との事

へーーー

そんなことあるんだ??

少額訴訟=話し合いでの解決ですので、

裁判官は話し合いでは解決できないと判断したんだろうか??

まあ、いいけど


そんな昨日、

被告から新たな答弁書が送られてきました。

約30ページにも及ぶ大作です。
image1_20160907123952d78.jpg
image2_20160907123951d42.jpg
image6.jpg
原状回復のガイドラインのコピーと、

室内を写した写真(約50枚)

しかし、

そこには何の主張も説明もありません。


これを送ってきて何を主張したいんだろ??

答弁書だすならキチンと主張を書けよ!!

意味わかんないだろ!!


おそらくなんだけど、

弁護士などの専門家に相談したんだが、

依頼までしていないから弁護士も適当に

あ~、現状回復の判例と証拠として室内の写真を出しておけば良いと思いますよ~

なんて聞いた大家が、

何の主張もせずに資料だけ送ってきたんでしょうね・・・・

少しは勉強しろよ・・・

まあ、いいけど


原告側の方針が決まりました!!

大家側は超攻撃的で悪質な請求をしてきていますので、

基本的には判決ありきで、

和解なら敷金33万の内、

10万程度引いた23万の返金で交渉予定です。


さあ!

まもなく第1回目の口頭弁論が開かれます。

楽しみです。



↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕、一度だけこんな風に職権で通常訴訟移行された経験あります。
社会人一年目の年に、青信号を通行していたら、右折して来た車に見事にはねられました。
相手は、修理代や治療費を支払うと約束していたのですが、相手の保険会社と示談書を結ぶときに突然支払わないと言い出しました。
僕は、制度が出来て間もなかった少額訴訟制度を利用して訴訟をしました。
当時、訴訟については何も分かりませんでした。
訴状を持って行くときに、書記官が、うーん…まっさんさん、この事件って私は少額訴訟制度には合わない気がします。
通常の訴訟をされてはいかが?みたいな回答をされました。
通常訴訟というのは、様式があるんですか?どうやって書くんですか?みたいな質問を矢継ぎ早にしたところ、
ご自分で判断されるか、弁護士の先生に依頼してくださいと言われて、そのまま少額訴訟の訴状を提出しました。
僕の場合、期日が開廷される前に、裁判所書記官から電話があり、まっさんさんの(少コ)第△号事件については、職権で通常訴訟移行するという当裁判所の判断になりました。
あっけなく、こんな電話がかかってきました。
どうやって書いていいのか分からないので、手探りで、準備書面、答弁書や陳述書を何度も何度も裁判所に通って書き直して、書類の作り方を覚えた記憶があります。

僕は、職権の通常訴訟移行は、裁判官の思いやりが入っていると思っています。
少額訴訟では、どうしてもきちんと証拠調べが出来ないので、丁寧な訴訟指揮が必要だと裁判官は考えたのだと思います。

これは、大阪地方裁判所堺支部の小林克美簡裁判事が書いたブログです。
僕は、簡裁判事は書記官出身の裁判官ばかりだと思っていました。
地裁と違って簡裁判事は、訴訟の迅速性と数をこなすために、司法試験を合格した判事が訴訟指揮をする地裁より、簡裁は審理が劣るとも思っていました。
小林克美簡裁判事は、大阪地裁や名古屋高裁で判事を歴任した後、
定年前に簡裁判事を拝命されました。
小林簡裁判事はこんなブログを書いています。
大家さんなら、こんなこと位知っていらっしゃるとは思いますが、
短い文章ながら、我々法律家でない一般人に対しての思いやりがとても感じられます。
あの時の交通事故の通常訴訟移行も裁判官の思いやりだったのだとこれを読んで僕は回想しました。
多分、本件の裁判官も和解はまずあり得ないと判断されたのではないかと思います。

以下引用と、URLです。

少額訴訟の誤解
少額訴訟の判決に控訴ができないということは,原告にとってもリスクなのです。
原告は少額訴訟を自ら選んだのですから,被告の反論と反証によって雲行が怪しくなってきても,
原告には通常訴訟へ戻す権利がありません。裁判官が職権で通常訴訟へ移す方法がありますが,裁判官は原・被告どちらの味方でもありませんから,原告が不利になってきたからといって職権で通常移行させることはありません。
即日原告を負かせる判決をするだけなのです。事件の内容からみて,慎重に審理し,控訴の道を残す必要があると考えた場合に,職権で通常移行させることがあるだけなのです。

http://blog.goo.ne.jp/j-j-n/e/c6cbabee7e8bc9787b91f14fa812bb45

No title

ごめんなさい。訂正です。

小林克美簡裁判事は、大阪地方裁判所堺支部ではなくて、堺簡易裁判所の簡裁判事ですね。
失礼しました。

必殺さんのブログ、毎回 面白いです。
でも、今回の件は天狗になっていると、自分が訴えられる良い例だと実感!
「お客様(借主)は神様」とは思いませんが、貸主(大家)も神様では無いですし・・・。真面目に経営して行くのが、最善の方法だと実感します。必殺さんが負けちゃったら、考え変えますけど(。-_-。)

うわぁぁ イライラするわぁぁ!

こんなん送って来られても だから なんだよ!!
何が言いたいんだよ!!
ってなりますわ コレ。

ああ 腹立つぅ・・・けど・・
このシリーズ オモシロイデス。



No title

裁判官にその程度の修理なら10万円で十分でしょうと言われてお終いですが、相手は従わず調停に進みそうですね。そうすると何回も行くことになり相手の弁護士費用は膨らみそうですね。
馬鹿な大家ですね。

このシリーズ

このシリーズすごく気になります

No title

>少額訴訟から通常訴訟に移行

へええ。初めて聞きました。

私としては、簡裁は大好きだけど地裁は苦手。
簡裁は、雰囲気が和やかですごく親切にいろいろ教えてくれたけど、
地裁は「わからなきゃ弁護士に聞け!」って感じで、にべもない冷たい対応。

ま、これなら勝訴できますね。ワクワク。

No title

>>トレトレさん
違います。
これは、調停ではなく、訴訟です。
大家さんはこれから訴訟をするんです。
調停は、お互いに、お金をいくらだったら支払う。いくらだったら納得するという譲歩がないと成立しません。
大家さんが何度かアップしてくれている記事を読んでいると、第三者の僕でさえ調停は絶対に成立しないだろうということが想像出来ます。
被告はこのやり方で今までもこのやり方で通してきたのだと思います。

>>カズちゃんさん
地裁だから、簡裁だからではなく、書記官によると思います。
僕は、東京地裁民事21部、大阪地裁14民事部、大阪地裁堺支部の保全係の書記官室の対応が割と好きです。
聞いたことに対して、きちんと回答してくれます。

もう20年以上前の話ですが、大阪府内にある、とある簡裁の書記官の対応は最悪でした。
え?兄ちゃんこんな書類の書き方も分からんのか?出直して弁護士に頼めや!
当時、20代前半だった僕は、頭にカーっと血が上って書記官に公務員だろ?国民に対してそんな態度でいいのか?上司出せ!って怒鳴ったことがありました。
当たった書記官が、ものすごく懇切丁寧な人もいれば、ぶっきらぼうだけど、聞いたことに対して的確な返答をくれる人、
横柄な態度で弁護士に聞いてください。としか言わない人もいます。
これは、僕の経験上の話なのですが、こうでこうで、こうなって、こうでお金を取り返したいんですが。
みたいな、質問を投げると書記官は嫌がります。
でも、現地調査報告書と写真はここにあります。内容証明を送ったら戻ってきました。住民票は不在住で取れませんでした。
公示送達してくれますか?
こんな風に質問を投げると、書記官はきちんと回答してくれるように思います。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR