質問コーナー『弁護士介入時の時効』

以前、ブログの質問コーナーでお答えした

質問者さんよりメールが来ました。


ご回答いただきありがとうございます
せっかくブログに載せていただいたのに返信gな遅くなり申し訳ありませんでした。

この場合、時効などはどうなってしまうのでしょうか?

裁判所からの文書でもないので、中断にはならないでしょうか?

例えば3年経って、破産手続きに入るので請求しないでね~と来て
2年間放置されたら、時効になってしまうのでしょうか?


お答えします。

この『弁護士介入通知』というのは時効の中断理由にはなりません。

なので、弁護士が介入したのだから、

その間は時効のことは関係ないというのは大きな間違いです。


士業がお願いしているのは、

あくまで取立て行為を少しだけ待ってほしいというお願いなんです。


ココで言う弁護士の介入通知で述べられている”取立て行為”とは、

あくまでも”任意の請求・取立て行為”を差すもので、

債権者の法的手続きを制限するものではありません。

※訴訟も出来ますし強制執行も出来ます。


ですので、債権が時効を迎えそうであれば、

訴訟などの法的手続きを開始すべきですね

※家賃債権は発生から5年
(ただし、滞納分を前詰めしていくので、最長5年分の家賃が請求できると考えてよい)


あと、当然ですが、

弁護士が付いていますので”調停”といった手段は無意味です。

だって、出廷しなくて良いよ~って弁護士がアドバイスしますからね!


なので、

こういった案件で、時効が1年を切った場合には迷わず”訴訟”で対抗しましょう!


参考になれば幸いです。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもありがとうございます。

とても参考になりました。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR