安否確認してみた・・・結果

きのうのブログの続きです。

警察へ安否確認をお願いし、

物件で警察官の到着を待っていると、

携帯電話が鳴りました。

表示を見てみると警察からです。


??場所でも分からないのかな??

電話に出てみると・・・


警察:安否確認の件で電話しました。

    入居者の名前は山田正男(仮名)ですよね?

必殺:ハイそうです。

警察:その人物はコチラで安否が確認取れていますので

    警察官の派遣はいたしません。

必殺:はい??どういうことですか?

警察:詳しくはお話しできないのですが、

    その人物は、コチラにいるという意味です。

必殺:それって逮捕されているんですか?

警察:そういった事はお答え出来ないのですが、

    察していただければと思います。

必殺:どこの警察署に逮捕されているんですか?

警察:それもお答えできないのですが、

    一番近い警察署へ来ていただければと思います。
    (暗にココに居るよと言っている感じ)

必殺:面会は出来ますか?

警察:それも電話ではお答え出来ません。

必殺:では警察署へ向かいます

こんな感じで、なんと入居者は逮捕拘留されていました。


何やったんだろ??

覚醒剤をするタイプじゃないしな~??


この時点で16時30分

そういえば、警察の面会時間って16時までだったような?


取り合えず警察へ電話してみました。

こんな時は、堂々と全て知っていますよ的に電話します。


必殺:逮捕拘留されている山田正男に面会したいのですが?

警察:山田正男ですね、ハイ面会できますよ

    しかし面会時間は16時までとなっていますので明日以降でお願いします。

必殺:わかりました。ちなみに拘留日はいつまでですか?

警察:明日で10日になりますので、明日釈放かもしれません。

必殺:ありがとうございます。

これが2日前での会話です。


そして2日経ってから警察へ電話してみると

ここで、

警察へ電話して面会可能か聞いてみて

『もう釈放されましたよ』と言われれば、微罪でしょうから知らん顔しますし

『今日は面会可能ですよ』と言われれば、拘留延長されたということですので、

懲役(刑務所に行く)など長くなる可能性があります。


結果は・・・・?

『今日は面会可能ですよ』と言われちゃいましたorz

ということは、

警察署にまだ逮捕拘留されていて

そこそこの罪なのかも??


色々想像してもしょうがないので面会に行ってこようかと思っています。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安い家賃で手間とらされたら面倒いですね。まあ好きじゃないと出来ないと思いますが。当方は人間が好きでやっております。DIYも好きです。

犯罪者に面会⁈
何か大家さんって、大変!
一般的には、必殺さんみたいな大家さん、あまり居ないと思いますが⁇
サラリーマンやってる方が楽だと思う、今日この頃(。-_-。)

No title

面会せざるを得ないでしょう。
退去や未納家賃や家財の処分のことがありますから。

安い家賃の物件だと、このようなことに遭遇する可能性は高いでしょう。
属性が低いので。
家賃保証会社が、逮捕歴がある人が最ブラックとしている理由がわかります。
保証人が死んでいたら、いなかったら、実際問題5年も入っていたら債権は回収できないでしょう。
刑務所に入っている人に対して民事訴訟をおこしたらどうなるのですかね。
欠席裁判で勝訴になるのでしょうか。

No title

勾留延長されちゃったんですね・・・

被疑者は逮捕から最大23日身柄を拘束されるので、その途中なのかもしれません。
ちなみに最大日数勾留されても処分保留で釈放とかももちろんあります。
起訴されちゃうと、在宅でもない限り拘置所へ送られちゃうんで厄介ですよね。
大家業としては早く処遇をはっきりしてほしいところです。

ところで、お巡りさんの「会話の行間を読め」てきなやり取りが面白いですね。
経験豊富な大家さんなら察するだろうという配慮なんでしょう(笑)

No title

>さんかくたまごさん
刑務所や拘置所に入っている人に対して民事訴訟や差押は可能です。
僕がやったことがあります。
ただ、債務名義上の住所や元々の住民票上と送達先の住所が刑務所だったり拘置所だったりするので、それを証明するのがものすごく難しいです。
刑務所や拘置所が在所していることを証明してくれないので、そこにいることを証明することが出来ないからです。
僕は、確実にここにいますから、○○拘置所に送達してください。と申立書を書きました。
そう言ってるのなら、施設の所長宛に送達しましょうと書記官は言ってくれました。
欠席裁判ではなく、陳述犠牲も出来るし、出廷も可能です。
差押の命令正本については、施設の長宛てに送達して7日間経過して、送達が成立したとみなしてくれました。
裁判所書記官も、私も刑事施設に送達するのは初めてだけれど、
普通、いない人の書留を受け取りますかねえ?しかも、3日経っても刑事施設から電話一本もないし、
このまま7日間経てば送達成立とみなしても良いと思われます。との言葉の後、7日間経過しました。
銀行口座からの取立は無事に終わりました。
訴訟に関しては、僕の場合、答弁書等は一切出て来ることなく、犠牲自白で終わりました。

まっさん様

情報提供ありがとうございます。
大変でしたね。
本件では、銀行預金という、差し押さえる財産があったから回収できましたが、差し押さえるものがなければやはり刑務所に収監された人から債権を回収するのはほぼ不可能のような気がします。

さんかくたまごさん

その件ですが、僕もたまたま預金保険機構の公告に当事者の口座が載っていて債権執行が出来ました。
拘置所も刑務所も、日用品を買ったりする領置金、または、作業をした時に発生する、作業報奨金が差押出来るのではないかと、書記官と話を進めていました。
ただ、命令が出ても、第三債務者である刑事施設の長が認めないという可能性は十分あり得るだろうとのことで、二の足を踏んで、僕は申立はしませんでした。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR