債務者口座を裁判所特定

ブログ読者の方がコメントに入れてくれた記事なんですが、

裁判所の手続きで、債務者の銀行口座を調べることが制度です。


裁判などで確定した養育費や賠償金の不払いが横行していることから、
法務省は、支払い義務を負った債務者の預貯金口座を裁判所を通じて特定できる新たな制度を導入する方針を固めた。

 強制執行を容易にするため、裁判所が金融機関に口座情報を照会して回答させる仕組みで、
早ければ今秋にも法制審議会(法相の諮問機関)に民事執行法の改正を諮問する。
不払いに苦しんできた離婚女性や犯罪被害者など多くの債権者の救済につながる可能性がある。

 裁判所の判決や調停で支払い義務が確定したのに債務者が支払いに応じない場合、
民事執行法は、裁判所が強制執行で債務者の財産を差し押さえられると定めている。
だが、現行制度では債権者側が自力で債務者の財産の所在を特定しなければならず、
預貯金の場合は金融機関の支店名まで突き止める必要がある。

yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00050158-yom-soci

ー-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ココまで


うーーん

記事では触れていませんが

これって、養育費や犯罪被害者など

一部の債権だけに特定した制度を想定してるんじゃないんですかね?

我々の様な家賃債権や貸し金などの債権も制度を利用できるんだろうか?

もし、全ての債務名義で利用できるのであれば、

債権者にとっては非常に強力な武器となるでしょうし、

金が無いからと開き直る連中に対しても、

ある一定の抑止力になるのではないでしょうか?


無い袖は振れませ~んっと逃げていた連中を追い詰めることが出来るのか?

債務名義(裁判での判決文など)が本当にチカラのある紙になるのか?

制度が待ちどうしいです。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例えば生活保護受給申請時などで、その人の預金の名寄をして調べるらしいですから、技術的には難しくはないでしょう。
興味がありますね。
それと保証会社の営業マンとの話題で、保証人に対して保証の限度額の上限を名記しなければならないとの法改正があるようです。

No title

http://www.onomichi-sogo.sakura.ne.jp/column/04.html

養育費については、一般債権よりかなり優遇されてるようです。

No title

余談ですが、養育費については負債や賠償じゃないので
支払い能力なし(無収入)の時点で、調停や審判の判決までたどり着けないのが実情。
申し立て自体が却下されちゃうんですよ。
家賃滞納とは違い、預金口座までのハードルが高い。

僕は、一般的な民事訴訟の債務名義の口座の特定は無理じゃないかと思っています。
その方法が認められるようになると、訴額1万円とかの民事訴訟が乱発されて、
裁判所がパンクするのではないかと思います。
1000円でも1万円でも、執行文が付けば債務名義
その債務名義に基づいて、債務者が保有している口座、残高が丸裸になってしまいます。
こういう制度の想定外の範囲なことをやりそうな人はいっぱいいそうな気がします。
それよりは、現在、大阪と東京高裁の判例で否定されている、全店一括順位付け番号方式が認められると債権執行は随分やりやすくなるのになと僕は思っています。

>さんかくたまごさん
債権差押命令が出た後、第三債務者の銀行に対して、何度か取立の問合の連絡を入れた時の経験ですが、
問合をする前に氏名を聞いて来る金融機関があります。
こちらの要件を聞く前に、失礼ですが、お客様は当行のお口座をお持ちでないようですが…
とよく言われます。
いやいや、僕はお客じゃない。債権者なんですよ。みたいなやりとりがよくあります。
氏名を聞いて来る金融機関には、どうして名前で口座があるかないのか分かるんですか?
「シフ(CIF)」で名寄せしてるんですか?とわざと答えられないような質問をすると、はい。仰る通りです。と答えてくれた金融機関が2行ありました。
他の金融機関は、お答えしかねます。と、大抵蹴られます。
とある金融機関は、当時CIFを知らなかった僕に、「CIF」を「シフ」と読んで、
顧客に固有のIDを振っていて、支店、口座番号、複数口座、口座の入出金や、貯蓄、融資、紛失盗難、顧客の住所、生年月日、口座開設時に使った本人性確認書類、顧客に属性を振っていることなどを丁寧に教えてくれました。
よって、全店一括順位付番号方式は判例で認められさえすれば技術的に全く難しくないと思われます。
僕は、被告の口座が分かっているのに、住所が分からず、公示送達のままだと判決が出ても差押の送達が出来ないので、
訴訟が継続中に被告の口座の支店に対して調査嘱託を申立しました。
帰って来た嘱託の回答書には、聞いてもいない残高とか、CIF番号とか、当時意味が全く分からない文字が羅列されていたので、
支店に対して、事件番号を告げた上で、嘱託の回答書を片手に左上に書いてある○○顧客とはどういう意味ですか?みたいなことを逐一電話で聞くと行員はあっさり全て答えてくれました。
プロフィール

必殺大家人

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR