質問コーナー『調停の落としどころ』

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:クローディア
件名:店舗明渡等調停
--------------------------------
はじめまして!
メールは初めて送りますが ブログはいつも楽しく拝見しております(^_^)/

下記の内容で店舗を賃貸しておりこの度退去に向けて調停をしており
先日1回目の調停をしましたが(同じ事件番号で)連休明けに2回目の話し合いがもたれます。

・用途 店舗(紳士服小売)
・月額 27万
・保証金 54万
・賃借人 有限会社A 代表山田太郎
・連帯保証人 山田太郎(個人)

家賃滞納があり この度調停に至ったのですがこちらの要求としては

・5月末で建物を明け渡せ
・未払家賃の支払 138万
・未払遅延損害金の支払 6万
・原状回復費用の支払 150万
・賃料倍額の明渡遅延損害金の支払
・未払い水道代の支払い 15万
・明渡し遅滞損害金(遅滞損害金)

と、なります。

流れとしては

昨年末 滞納し始める
今年始め 書面にて何度か督促
3月末 3月31日で契約解除通知
4月末 1回目の調停
5月中 2回目の調停(予定)

です。

1回目の調停でこちらの要求は
・5月末で建物を明け渡せ
→合意

・未払家賃の支払 138万
→分割で支払うで合意

・未払遅延損害金の支払 6万
→分割で支払うで合意

・原状回復費用の支払 150万
→相手方の主張は先代の私の母から出るときは原状回復しなくていいよと口約束してるからしたくない。
(もちろん賃貸借契約書には原状回復義務の記載がありますが。。。)

・賃料倍額の明渡遅延損害金の支払
→倍額は払えないので通常家賃にしてほしい

・未払い水道代の支払い 15万
→未回答(次回話し合い)

・明渡し遅滞損害金(遅滞損害金)
→5月末には明け渡す予定

こちらとしては
原状回復費は免除してもいいかなと、おもいますが契約解除日の翌日つまり4月1日から
明け渡し5月31日の明け渡し義務遅滞損害金108万についてはお支払い頂きたいのですが
必殺さんなら どうしますか?

相手の言い分をすべて飲むのはムカつきます。

相手は 分割なら合計で月に 15は 払えると言っています。

分割でも期日を遅滞した際は14.6パーの遅滞損害金を特約にいれます。(金がほしいのではなく、履行してもらうため)

連休明けに 2回目の調停がありますがここで 合意できなければ通常訴訟も視野にいれて検討しています。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m
--------------------------------
お答えします。

うーーーん

質問者さんのお気持ちは分かりますが、

家賃の倍額損害金は現実的には難しい請求だと思います。


訴訟で最後まで戦って判決まで取れば倍額の損害金を理論上可能ですが、

1、裁判官はメチャクチャ嫌がるでしょうね・・・

2、仮に判決まで取れたとしても、家賃滞納する方ですので、
  現実的に回収は不可能に近い


それよりも、折れるところは折れて

退去後の回収に目を向けたほうが良いのではないでしょうか?


例えば、

・原状回復費用の支払 150万

・賃料倍額の明渡遅延損害金の支払

上記2点を免除する代わりに、

誰か保証人を付けてほしいなどで債権の保全を図るのが、

現実的ではないでしょうか?

※保証人は成人の子供が一番良いが、無理なら贅沢言わずに誰でもOK

だって、いくら債権があっても相手が開き直って分割金を支払わなくなったり、

自己破産されたら終わりです。

それならば、支払いが終わるまで逃げられない様に対策を練るほうが現実的と思われます。

参考になれば幸いです。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

強制執行をして取れる相手でなければ(店賃を滞納するということは強制執行しても、押さえるものがない人ということでしょうねw)、相手が払う意志があるか、その努力する意思があるかどうかです。
調停にもきちんと出て来る人ですから、相手の言い分に妥協すれば、まあ、払う人ではないですか、多分。
それより話し合いが決裂して相手がへそを曲げ、すすんで払うという意思がなくなる方がこちらにとって不利になるような気がします。
だから必殺さんのご意見に同意します。

「債務名義は画餅。どれだけ回収できるかが問題」。

ありがとうございますm(_ _)m

お互いに歩み寄れるところは歩み寄り調停が成立しました。
ありがとうございますm(_ _)m

必殺さんのメールフォームはどこにありますか?見当たらなくなってしまいましたm(_ _)m
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR