嘘つき弁護士①

少々前の話なのですが、興味深い回収劇がありましたのでブログにアップします。

今回のスペックは築40数年5階建てRCマンションエレベーター無し
2DKのいわゆる築古マンションです。

ココに50過ぎの男性1人暮らしをしていました。
職業はテキ屋、保証人は知人女性(同年代)

家賃を1年ほど溜めて夜逃げ

約80万ほどの滞納が出来上がりました。


本人(契約者)は夜逃げで行方不明のため

連帯保証人の知人女性を訴えることに

この知人女性、少々言い訳は言うものの、ちゃんと裁判に出廷し


裁判所で分割払いの和解が成立しました。

和解内容は、月1万円の80回払いの利息無しといったもの

和解成立から2ヶ月たったある日・・・

弁護士から破産受任通知が・・・orz

あーーーーあ、

弁護士からの通知=回収不能です。

お蔵入り決定です。

そして滞納者ファイルの奥深くに・・・・

















それから1年後、

アレ?

破産と言っておきながら裁判所からの通知がないことに気付きました。


さっそく受任弁護士へ確認の電話を・・・

私)0月00日に介入通知をもらった必殺です

  その後、この方はどうなりましたか??

弁)あっ!その方は破産されましたよ

私)そうなんですか?

  では、事件番号をお教えください←ココ試験にでますよ!

弁)えーーーと、調べて折り返し電話しますね

私)よろしくお願いします。


それから1週間弁護士から連絡はありません。


こちらから電話したところ

私)00さんの破産の件どうなりましたか?

弁)あーー、この方は辞任してますね~

私)そうですか、ありがとうございました。(嫌みの一つも言いたいですが無駄です)

※弁護士に何を言っても無駄です。ウソは立証されなければウソでないと本気で思っていますからね!

必殺大家人ココでピーーーンときました。

コノ弁護士は過払い系弁護士

一旦は破産したと言ったが、後で辞任したと言い直した。
(おそらく、破産の事件番号を聞いてくるなんて思ってもみなかったと思われる)

と言う事は・・・

債務は残したまま
過払い金はガッポリ取っている可能性大です!!


こういう弁護士って多いんです。
(ホントは過払いを取るだけでなく負債もちゃんと整理すべきなんですがね・・・)

ということで、

ミッション『過払い金を奪え!』がスタートしました!!


次回へつづく

応援よろしくお願いします

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紛議調停

実は弁護士さんの中にはそこそこの確率で信用ならない人もいて、福岡じゃ弁護士の巨額詐欺が問題になってます。
(弁護士と戦う と言うブログネタ)

弁護士に相談する時は、事件日記を作って会話録音すべきです。

この弁護士は懲戒請求が妥当だと思いますが、先に紛議調停を弁護士会に起こしたら、懲戒請求しない事と引き換えにお金で解決を申し出るかもしれません。

応援しています。

がむばって下さい。

No title

弁護士っていうだけでなんとなく信用してしまいそうですがこんな弁護士もいるのですね!

必殺大家人さん VS 悪徳弁護士の戦い、凄く気になります!

もちろん、必殺大家人を応援しています!悪徳弁護士をケチョンケチョンにしちゃってください!

弁護士も、人数が増え悪どい事をしないと儲けられないのでしょうね。
しかし、この弁護士のやり方はいつか天罰が下りますよ。
詐欺行為ですものね。
頑張れ必殺大家人さん。

No title

なりっと さん

>>この弁護士は懲戒請求が妥当だと思いますが、先に紛議調停を弁護>>士会に起こしたら、懲戒請求しない事と引き換えにお金で解決を申し>>出るかもしれません。

イヤイヤ、コノ程度のウソはウソに含まれません。
言い間違えたで終わりです。

弁護士に対抗するには”知識”です。
今回も、破産には事件番号が必ずあるという法則を知っていたから、
辞任していたことを言ったわけです。

No title

Sun Pacino さん

弁護士さんってこんなもんです。
ホントの正義の味方弁護士なんて、まあ居ません。

それを一般の人は勘違いしてしまうんですね、
弁護士が助けてくれると

ホントは
弁護士にたかられることを・・・

気付いたときには報酬を差し引きされています。

No title

たけ さん

もうすぐサラ金の過払いバブルが終了します。
次のターゲットは”大家”です!!

我々大家が理論武装しておかないとコテンパンにやられますよ

国民を裏切る危険な人間たち

原発訴訟団の弁護士島田宏は、「国民の常識が司法に生かされ国民の安全と基本的人権が守られる時代の到来を期待しています」 と述べたらしいですが、 本当は島田宏は、「虚偽事由で提訴したり侮辱したりすることは正当な弁護士業務」 と福井弁護士会長のときから胸を張って主張している人物です。
しかも、あろうことか 消費者庁消費者教育員の職におり詐欺撲滅をうたい文句にしてるとか。
どうして平然と国民を欺くことを言えるのでしょうか。 
訴訟詐欺の件、疑うのであれば以下、本人に確認下さい。

弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR