強欲な大家

友人から退去に伴う請求で相談がありました。


築8年ほどのファミリータイプマンション(3LDK)で、

敷金30万円、退去時25万円引きの5万円返金という契約です。


一戸建てを購入することになり、

約3年で退去となったのですが、

退去2週間前になり、

室内補修費として20万円支払えとイキナリ内容証明で請求がきました。


室内も確認せずにですよ!!


内容証明には、具体的な根拠もなにも書いていなくて

修繕費はおおよそ20万円を下らない。

退去までに支払いなき場合には法的手段を・・・なんて書いています。


当然、友人はこんな請求はおかしいと、

大家へ抗議したのですが、

大家はまったく耳を貸さず、

それどころか保証人へ請求するぞと恫喝してくる始末。


そこで、私に相談が来た次第なんです。


まずアドバイスとして、

通常損耗や軽微な損傷については、

敷引き25万円でカバーすべきで、

追加の請求はありえない。


そもそも室内を確認もせず、

退去までに20万円を追加請求してくるなんて論外である。

なので、大家からの請求には「不当な請求には応じられない」

「正当な請求と主張するのであれば裁判で決着つける」とアドバイスしました。


それと退去立ち合いの際は、

必ずボイスレコーダーを持参で立ち合いに臨む様に指示したところ、

実際の退去立ち合いでは、大家の親子(母娘)が来て、

罵詈雑言の嵐だったそうで、

約1時間怒鳴られっぱなしだったとのこと


途中、

ボイスレコーダーを見つけた娘が、

こいつら録音してる!!と母親に忠告するも、

母親は、そんなのお構いなしに叫びまくっていたそうです。


その後、送られてきた請求書には

追加で25万円支払えとの請求・・・・

クロスにCF、クリーニング代に消毒費


実際に私は部屋を見たわけではないので、

その請求が正しいかについては論じませんが、

そもそも敷金はどこにいったの??


百歩譲って、

請求額を全額認めたとしても

敷金の30万円(うち5万円返却約束)から引くべきでは??

そう思うのだが??


こういう”輩”大家には、

法的手続きしかありません。

※輩とは、大阪地方の方言で、ならず者、たちの悪い人、という意味です。

とてもじゃないが当事者間での話し合いでの解決は望めないでしょう


と言うことで、

敷金全額返還請求の訴訟をすることにしました!

返金分の5万円じゃないですよ!

敷金として預けている30万円全額の返金要求です。


だって、そもそもの約束を破っているのは大家側ですからね!

何も恥ずかしいことはありません。


こんな非常識な大家は同じ同業種として許せません。

今のところの予定では、

1、敷金返還裁判を起す→勝訴して金を取り戻す

2、テレビ局にその経緯をリークして特集してもらう(大阪はこんなのが大好き)

3、同じマンションの方々にチラシを撒いて、〇×マンション被害者の会を作る
  問い合わせのあった方には、訴訟文を無料で提供する

4、書籍出版!(゚∀゚)

5、ドラマ化決定!!ヽ(≧∀≦)ノ


最後は妄想が入りましたが・・・

この連載は「強欲大家」シリーズとして連載しようと思っています。

※現在進行形ですので、進展があり次第ブログで公開したいと思います。

※裁判など私が全面サポートするのですが、
 業として行うわけはありませんので弁護士法の非弁行為には当たりません。



先日のブログで士業について書きましたが、

士業に身を置く読者さんかメールが来ましたので紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在は、弁護士や司法書士が債務整理に着手する場合、過払金が発生したらまず着手金と報酬をとりますが、
依頼者に債務があり、回収した過払金-(着手金+報酬)が債務超過であれば、依頼者への返金を禁じています。
残った債務をどうするかを依頼者と協議し、任意整理として弁済していくか、
それが無理なような状況なら破産か個人再生に切り替えて業務を完遂するよう指針が定められています。
必殺さんが書かれているように、おいしいところだけ取って債務は放置する士業者が増えたので、
某弁連や某司会が指針を定めています。

・・・が。
中には今でもそういう士業者がいるのかもしれませんね。

それと、連絡が取れずに破産の代理人を辞任というのは珍しいことではありませんが、
一概に士業者の責任だけではないんです。
本当に、委任してる士業者からも逃げるんですよ、債務者は。
電話には出ない、郵便も宛先不明で返送、住民票を取り寄せてみたら、
本人は転居してるのに異動されておらず、
同じ住所に別の人が住民票を置いて住んでるなんてよくあることです。

自分も大家業の端くれにいますので、
家賃を踏み倒す不届き者は誠心誠意成敗したいのですが、雲隠れされてはどうもこうもありません。
そしてやはり必殺さんが書かれているように、そうやって逃げた債務者から、
厚顔無恥だと思いますが再度債務整理の依頼があるんですよ。

どうやってか債権者がかぎつけて、債務名義片手にサクッと給差してたりするんです。
蛇の道はという言葉をこういう時に思い出します(正直「よくやった債権者!」と思ってしまいます:笑)。
さすがに一度逃げた債務者に対しては風当たりは厳しいです。仮に破産申し立てをしても、
前回の辞任理由によっては管財事件になったりすることもあります。
管財事件になれば管財費用を自腹で準備しなくてはならないので、
債務者はそこで初めて青くなります。(正直「ざまーみろw」と思ってしまいます:笑)

士業会と大家業と双方に身を置いてますので、なかなか歯がゆい思いもするのですが、
ちょっとでも内情を知っていただけたらと浅慮ながら申し上げる次第です。

そして、やはり債務者には声を大にして言いたいです。
「家賃くらい払え、馬鹿モンが!!!」ってね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
士業から見た債務者という視点で非常に興味深い内容でしたので、
投稿者さんの了解を得て公開させていただきました。

ご意見ありがとうございました。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。

スポンサーサイト

不動産購入の注意点『初心者編』

今回は、不動産購入に際してポイントというか注意点というか、

こんなところに気をつけろ!って言うのを書きたいと思います。


できれば連載ものにしたいと思っていますので、

今回は『初心者編』ということで書きます。


これから不動産投資で物件を購入したいと思っている人は、

とにかく不安で不安でしかたないものです。

そんな時に購入の決断アドバイスを求めるのが、

その物件を仲介している不動産販売業者なんかに意見を求めてしまう方が多いんです。


だって、一般の方から見れば不動産のプロですから

豊富な知識と経験で、きっと不動産投資での素晴らしいアドバイスをくれると信じちゃいます。

これが一番の間違いです!!

不動産販売業者は、『不動産を売るプロ』であって、

あなたの不動産投資のコンサルタントではないんです。

売るためには何とでも言うのが、
本当の不動産販売員としてのプロです。


その1棟(1戸)が売れれば良いんです!

長いお付き合い?

信頼関係?

はっきり言って不動産業界と言うのは

焼畑農業と一緒で、

次の客次の客で食い繋ぐ世界なんです。


不動産物件と言うのは、

(総合的に)良い物件・悪い物件がありますが、

不動産業者は、常に物件を売り続けないと利益を得れませんので、

売れた物件=良い物件

売れない物件=悪い物件

本当の不動産のプロは悪い物件を売ってこそプロです。


ここで、おさらい

初心者が物件に悩む→不動産業者に相談する→業者に都合の良いように言う→カモの出来上がり

不動産屋にこの物件どう思いますか?
なんて聞いているウチはダメってことです!


じゃあ、誰に聞くんだよ!ってことですが、

それは次の回で書きたいと思います。


※特定の業者や団体を批判するものではありません。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。


控訴理由書提出

相続しておきながら(亡くなった父親の預金を引き出していると思われる)

相続放棄を決め込んだ娘に対し、

※前回までのブログ

簡易裁判所で訴訟を起したが敗訴

そこで、地方裁判所へ控訴したのだが、

書類を色々揃えないといけなかったんです。

私は控訴をしたことがないので、

手続きに四苦八苦しながら何とか書類を完成しました。

提出した書類は

1、控訴理由書

  1審の証人尋問で明らかになった亡くなった父親の預金通帳の所在

  娘が所持していたので、その通帳こそが娘が相続した証拠である。との主張

2、文章提出命令

  控訴審では、娘が所持している通帳の開示を求める

3、反訳書
  
  1審で行なった証人尋問での音声データーを文字に起す作業。

  これが大変!

  慣れていない作業で、まる1日かかりで作りました。

  しかしネットで調べまくり何とか完成

これを郵送で地裁に郵送

これで通るかな?と不安だったのですが、

地裁での第1回口頭弁論期日が決まりました。

とりあえず第一関門は通過したようです。


書記官に聞いてみたところ、

娘側は、またも弁護士付との事

作戦通りだ~♪

費用倒れさせてやる!!o(o・`з・´o)ノ


※この裁判を知らない方へ
 私が請求している金額は約8万円です。
 その金額に対し、娘側は弁護士を雇って徹底抗戦。
 唯一の証拠である父親の通帳の開示を断固断る
 今までの裁判の流れ
 調停一回目の呼び出し→無視
 調停二回目の呼び出し→無視
 調停三回目の呼び出し→無視
 調停不調→訴訟へ
 第一回口頭弁論→答弁書のみ提出
 第二回口頭弁論→答弁書のみ提出
 証人尋問開催→ココで初めて被告と弁護士が法廷に出席
 判決→敗訴
 地裁へ控訴→今ココ


★連絡★
コメントを入れていただいた『らみ』さん。
秘匿コメントになっていますが、
凄く良いコメントだと思いますので、公開してもいいですか?


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。

質問コーナー『代理人辞任』

コメント欄にて非常に興味深い質問がありましたので、お答えしたいと思います。


必殺様

いつも楽しみにブログ見せていただいております。
一つ教えていただきたいのですが、ご回答いただけないでしょうか?

以前、司法書士より、破産準備中とのことで、
必殺さまと同様な事象になりました。
(借主死去、連帯保証人が上記のようになりました。
相続放棄をするように伝えたのに、手続きもせずに・・・)

そのまま破産してくれたらよかったのに。
そこで問題?が発生しました
破産手続きをせずに、そのまま連絡が取れなくなったと
司法書士事務所から手紙が来ました。

司法書士事務所に連絡しても、
連絡が取れなくなったので、当方は関係ありません。
情報も出しません。
勝手にしてくださいとのことでした。

このような場合、対応策はございますでしょうか?

司法書士事務所の対応にも腹立たしく思います。
制裁を・・・と思ってしまう自分もおります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お答えします。

実はこの『辞任』は、司法書士、弁護士に限らず

士業の方はよく使います。
※ココでの士業とは代理権のある司法書士・弁護士を指します。

そこには色々な理由があるのですが、

1、破産費用を払ってくれない

  元々お金が無い方が破産などの法的手続きをして、

  債務から逃げ出すわけですが、

  当然、破産状態ですので士業の方への報酬も用意できません。

  そこで、士業が債務に対し介入した旨を各債権者へ送り、

  支払いをストップさせます。(取立てが止まる)

  そして、支払いをストップさせているうちに、

  破産費用を貯めさせて、士業の破産報酬費用へとするわけです。

  ところが、破産しようという人物ですから、

  元々から金に対してルーズな人間が多く、

  取立てがストップしたのをいい事に、

  お金を貯めずに、そのままズルズルと言い訳ばかりする人間も多いんです。

  士業の方としても、1年ぐらいは破産準備中として引っ張れますが、

  そのうち、債権者からどうなっているんだ!!という声が出始めます。

  そこで、支払う見込みが無い人間に対しては辞任という形で、

  代理人を降りるわけです。


2、債権は回収して債務は放ったらかし

  実は、このパターンも多いんです。

  これは、今流行の過払い金が絡んでいて、

  債務者から見た場合、過払い金で返ってくるお金は債権

  家賃など支払わないといけないお金は債務ですよね

  そこで、士業の方は報酬がもらえる部分=過払い金のみの仕事をして、

  債務者が支払わなければならない債務に対しては仕事をしません。

  なので、過払い金が戻ってきて報酬をもらった段階で”放置”します。

  ※この場合は辞任通知は出しません。放置するだけです。


3、破産したと嘘を言う士業

  これも2と同じで、過払い金だけ取って債務は放置しているパターンです。

  しかし、債権者が大家など素人判断する士業は平気で嘘を付きます。

  これが貸金業者などプロにはこんな言葉は言いません。

  なぜならプロは必ず破産番号を聞くからです。


代表的な”辞任””放置””嘘”の理由を書きましたが、

では、これに対抗する手段(抗議をする手段)なのですが、

基本的にありません。


弁護士会や司法書士会に苦情や懲罰申請しても、

豆腐に釘・暖簾に腕押し・馬の耳に念仏です。

まったく相手にされません。

※さすがに受任通知だけで2年を超えると”声”だけは聞いてくれます。
 しかし、何の解決も望めません。だって、その行為自体は法律違反ではないですからね

無論、辞任した士業の方々に文句を言っても、

こちらも全く相手にされません。


え?

そんな無責任な・・・・

と思う読者さんも多いと思いますが、

士業の方々は、

立証されなければ嘘も嘘ではないと本気で思っています。

なので、損害があるのであれば裁判を起してくださいと言うだけです。

そんな方々なんですよ、

それをまずは理解しましょう。


では、どうするのか?

1の場合は、まず債務者の住民票を取得し、

取立て調停や訴訟で対抗するのがいいのではないでしょうか?

そこから債権回収をスタートさせてください。

任意で取立(直接取り立て)をしてもいいのですが、

一度美味しい味を覚えた(士業へ泣付けば助かる)債務者は、

厳しい取立て→また士業へ泣きつこう♪

てな感じで開き直ります。


2の場合も、まず債務者の住民票を取得してください。

2の場合は金を持っている可能性が非常に高いですので、

債務者との交渉の材料にするのもいいのではないでしょうか?

うまく交渉すれば回収は結構簡単です。

ポイントは少し法律用語なんかも散りばめながら、


過払い金が入ったのは弁護士から情報を得てる(嘘・ハッタリ)

過払い金が入っているのに債務を支払わないと、

過払い金法で、過払い金で得たお金を取り消される。

しかし、私の債務さえ払って貰えるのであれば、

私は他の債務者へこのことは言わないよ・・・

どうする?俺の分だけでも払っといたほうが良くないか?


こんな感じで嘘とハッタリで債権を回収します。

ちなみに、嘘をついて借金の回収をするのは、

意外や意外、違法性はないんです。


3の場合は債権回収については2と同じですが、

債権者(大家)に破産通知が届いていないのに

士業が破産しましたよ~と言った場合には、

必ず”事件番号”を聞いてください。

そして、事件番号を答えたら裁判所へ事件番号の紹介を行なってください。

破産番号00号の件だが、

債権者ですが破産免責の書類が届いていませんと言うと

親切に調べてくれて教えてくれます。

そこで事件が正常に処理されていれば、対抗のしようがありませんので、

コレ以上追求のしようがありませんが、

そもそも事件番号が無かったり、

途中で取下げになっていたりしたら、

士業の方が”嘘”をついている可能性が高いですので、

取立て行為を再開してください。


士業は嘘つきだ!みたいなことを書いていますが、

そんな嘘つき士業は一握りです。

でも、少なからず存在するのは事実ですので、

皆様も騙されないように気をつけてくださいね!



↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。

質問コーナー『精神異常者の対処』

□必殺大家人様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:GG
件名:アドバイスお願いします。
--------------------------------
いつも拝見させていただき大変勉強させていただきありがとうございます。
今回アドバイスいただきたいのですが、 
2ヶ月ほど前にワンルーム入居していただいた方なんです。

性同一性障害という事は事前に聞いていたのですが、
入居後徐々にわかってきたのですが、わけのわからないことを言ったり、
部屋の中でどんどん騒音を立てたりで他の入居者から苦情が殺到するようになり困っております。

仲介業者に事情を言って退去してもらうようにお願いしたのですが、のらりくらりで・・・・

保証人は母親なので保証人にも話をしたのですが、
区役所の人と相談して入院させますとかいいながらもなかなか進まずで困っております。

必殺さんならどのようにされますか?

他の入居者が改善されないなら引っ越すといわれていて・・・
まともな方には残っていただいて、
頭のおかしい方には出て行って欲しいのですが・・・・

どうかよろしくお願いします。

--------------------------------
お答えします。

うーーーん、

大変な方が入居してしまいましたね・・・

この自覚の無い迷惑者(精神異常者)は、

自分に罪悪感がないので対処が難しいんです・・・


多少でも罪悪感が残っている精神異常者入居者への対処法は、

自分(大家)も精神異常者のフリをして対抗します。


その際に非常に役立つのが、

”ビデオカメラ”です。


ビデオで全ての行動を録画します。

苦情を言ってくる入居者さんにも協力をお願いするのも手と思います(証拠集め)
※1台3万程度で売ってますので、大家側で用意して渡しておく

そして、大家や管理会社などは、堂々と正面からカメラを回すんです。(隠してはダメ)


相手は非常に嫌がります。


異常:なんで撮るんだ!!(怒

大家:証拠保全です。

異常:なんのだ!!(怒

大家:あなたの奇行についてです。

異常:撮るな!

大家:撮ります!

異常:うわー

(襲い掛かってきたらラッキーです。大げさにコケて手を擦りむきましょう!)

大家:助けてくれーーー!!110番!!

傷害罪で逮捕

措置入院の出来上がり~

保証人と話して退去へ・・・


こういった事は出来るだけ二人以上の複数人で対応してください。

相手へのプレッシャーと、

万が一の時に複数人なら勝てます(笑


それとビデオ作戦と並行して

保証人の母親に対してもキッチリプレッシャーを入れておきましょう

貴殿が保証人になっている〇〇氏は平成00年00月00日ごろ深夜2時に奇声を30分間に渡って行なっていました。

こういった行為を即刻止める様、ご指導のほどをお願い致します。

このまま、〇〇氏の迷惑行為が続き他の入居者が退去された場合、

貴殿に対し損害賠償を請求することになります。


こんな感じで、本人・保証人へドンドンプレッシャーを与えていき、

ココの大家は異常だ・・

出て行かないと何されるか分からないと感じにさせます。


もちろん犯罪行為はダメですよ!

しかし、目には目をではないですが

アチラが部屋に住む権利を主張するなら

コチラも迷惑行為に対抗する権利を行使するだけなんです。


とにかく大変でメンドクサイ作業ですが、

虫歯と一緒で放置しても治らないですし、

周りの歯(他の入居者)も抜けてしまいますよ!!


是非気合と根性を入れて戦ってください。

正義は我にあり!!!

これを信念にもっていてください。


※キチガイという表現がマズイとご意見(コメント)がありましたので、
 表現を精神異常者と書き直させていただきます。
 ご気分を害された方には謝罪申し上げます。

ただ、私は敢えて”キチガイ”という表現を使いました。
なぜなら、精神障害者すべてが他人に迷惑をかける存在ではなく、
極一部の精神異常者(キチガイと表現)が問題を起すと考えています。
なので、身体に障害があったり、言語に障害があったり
見た目に障害があったり、表現に障害があったり、
そんな社会に馴染もうとしている方と、
一緒に”障害者”と同列の言葉で表現するのを避けたつもりです。
それが差別と言われれば確かにそうなります。
なので、精神異常者と置き換えました。


↓ポチっとお願いします↓

不動産投資 ブログランキングへ

★必殺大家塾作りました★
旅行やセミナー、飲み会の案内などをメールでお知らせします。
会費などは一切ありませんので気軽に登録してください。
宣伝メール等も一切ありません。

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。


メールの登録ですが、
エラーが出てしまうとの報告が何件か寄せられています。
原因を調べたところ、登録しようとしたメアドは、
以前、他のメルマガで勝手に登録されたりとかして、
登録禁止メアドになっているようです。
エラーの場合は他のアドレスで登録いただければと思います。
プロフィール

Author:必殺大家人
大阪在住

築古中古物件を購入し自分で管理運営しています。

15棟約400戸所有

借金総額12億円

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR